ここから本文です

小林監督が山内翔太・和田泰征をキーマンと読んだ根拠

8/10(土) 12:10配信

高校野球ドットコム

 沖縄尚学の粘り強さにセンバツ準優勝の習志野は苦しめられた。粘り強さを売りにしているとはいえ、センターの根本 翔吾は「スクイズを絡めたあの攻撃は素直に凄いと思いました」と語れば、2度のスクイズについて、捕手・兼子 将太朗は「スクイズは全く頭になかったですね。打ってくると思いました。また打撃も山内の変化球にも対応して、飯塚の速球にもしっかりとついていくので、凄いと思いました」と沖縄尚学の攻め、対応力の高さに驚きを見せていた。

 それでも勝てたのは千葉大会準決勝の木更津総合戦でまだいけると粘り強さが出てからだと選手たちは語る。ただ今回紹介したいのは、小林徹監督の試合の流れ、選手のバイオリズムを考えた上での勘の良さと采配である。根拠がしっかりしていて、恐ろしさを感じるほどだった。

 試合の中でキーマンとしてみていたのは先発の山内 翔太、6番・和田 泰征だった。その根拠について。
「山内は打たれても、ピッチング自体は良かったですし、タイムリーを打っていて、リズムが良かったんです。だから何かあるなと思っていて、残していました」
 山内は4回に集中打を浴びるまでは非常に良かった。テークバックがコンパクトなフォームから繰り出す常時120キロ後半~130キロ前半のストレートはセンバツと比べても、3,4キロ速くなっており、スライダー、カーブ、落差が鋭いチェンジアップの精度も高く、技巧派左腕として格段に成長を見せており、さらに先制タイムリーを放ち、流れに乗っていた。9回表、山内は右前安打を放ち、望みをつなぐ。ここで小林監督はその山内で勝負に出たのだ。サインは「絶対に盗塁」。
「いけたらいけじゃないですね。いけです」と小林監督は笑う。山内は状況を伺いながら、盗塁を決め、チャンスを作り同点のホームを踏んだ。本当に投打ともに野球センスが高い選手だ。

 そして決勝打を打っていた和田については「練習から最も当たっていた選手だった」と評価する。
「前日の練習で最も鋭い打球を見せていたのは和田でした。ただこの試合は試合の流れで、スクイズ、送りバントをさせてしまいました。申し訳ないと思いながら、和田に伝えていたのは、絶対に打たせるから。チャンスの場面で打たせるから。我慢だと話をしていたんですよね」
 その結果、和田は右中間を破る適時二塁打となり、決勝打となった。その決断が出てきたのは以前と比べて勝負強さが出てきたからだと小林監督は語る。

「選抜でも練習、練習試合ではすごい良くて、公式戦では打てなかった。その後の練習試合でもよくなくて、背番号は10番台にしたんですよね。その中でも夏は千葉大会でも打つようになって勝負強さが出てきた。本人の中で考え方が良くなったのかな」と評価している。

 実際に和田は練習試合を含めるとチームトップクラスで本塁打を打てる選手だった。その打撃を公式戦でいかに打てるかがこれまでの課題だったが、ようやく打てるようになった。

 今年の習志野は圧倒する試合はほとんどないが、試合を重ねる中でレギュラーの選手たちは成長を見せている。その活躍をめぐっていろんなストーリーがある。その選手たちの成長を引き出している小林監督の凄さを感じた試合であった。

最終更新:8/10(土) 12:10
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事