ここから本文です

「鳩サブレー 限定缶」求め、猛暑の鎌倉に2時間の大行列。8月10日は特別な日だった

8/11(日) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

お盆直前の猛暑の3連休初日となった8月10日、鎌倉の目抜き通りには午前中から大行列をつくる人たちの姿があった。

【全画像をみる】「鳩サブレー 限定缶」求め、猛暑の鎌倉に2時間の大行列。8月10日は特別な日だった

行列の先頭が吸い込まれていくのは、銘菓「鳩サブレー」で知られる、鎌倉に本拠を置く和菓子店・豊島屋本店だ。

125周年記念の「300円グッズ」に2時間の大行列

豊島屋では毎年、8月10日を文字って「鳩の日」として、1日限りの限定グッズを販売している。

2019年の限定グッズは、鳩サブレーが1枚だけ入る、鳩の日限定 「鳩サブレー1枚入り缶」。“鳩サブレーを割らずに持ち歩ける”という機能性、グッとくるキャッチーなデザイン、価格は300円と手ごろだ。

鎌倉の本店で販売され、買い求めようとしたファンが早朝から大行列をつくっていた。

都内から本店限定の「鳩サブレー1枚入り缶」を買いに訪れたある女性は、少し遅めの10時ごろに並びはじめた。炎天下のなか2時間半近く行列し、12時半ごろに無事、入手できたと語る。Yahoo!天気によると、この日、晴天に恵まれた鎌倉駅周辺の最高気温は32度まで上昇した。

行列の整理にあたっていた本店スタッフによると、行列は一時、店舗から300mほどまで伸びた。もっとも、本店限定品とはいえ入荷自体は潤沢だったようで、夕方近くでも購入できたという報告もあった。

販売された実物は、以下のようなもの。

商品包装には「おかげ様で125周年」の文字と、名物キャラクター「鳩兵衛」がお辞儀する姿が。

包装の裏には、商品が判別できるよう本店限定品のみ、右下に色違いの鳩のマークの印がある。限定色は、赤鳩が金色、青鳩がが銀色の目印。

通常版は、色・見た目ともに鳩サブレーの実物を模した雰囲気。本店限定品のひとつ、金色のタイプは真鍮のような色あい。

豊島屋のグッズは芸の細かさでも知られる。本店限定の金色と銀色は、裏側に印刷されたイラストがそれぞれ違う内容。

開くと、中には銘菓、鳩サブレーが1枚だけ入っている。

1/2ページ

最終更新:8/12(月) 8:10
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事