ここから本文です

クロマグロ稚魚、生き残りは6匹/青森市の浅虫県営水族館/大量死の原因検証へ

8/11(日) 20:56配信

Web東奥

 青森市の県営浅虫水族館で11日、大分県佐伯市の日本水産(ニッスイ)中央研究所大分海洋研究センターから搬入した完全養殖クロマグロの稚魚の公開が始まった。ただ10日夕に約100匹生存していた稚魚は、11日午後6時時点で6匹までさらに減少。同水族館は、1匹でも生きているうちは展示を続けるとしている。

 11日午前の開館時には稚魚は13匹に減っていた。それでも、その姿を一目見ようと、水槽前には大勢の見物客が訪れた。青森市の女性(44)は「稚魚の数が減り続けていると聞いたので初日に来た。サイズは小さかったが、マグロっぽい模様が見えた」と話した。

 稚魚は光や音、水温の変化などに敏感で、わずかなストレスで死に至る。水族館は、現在の海の水温に近い25度前後に水温を管理。突然の光に驚かないよう窓に暗幕を垂らすなどの対策をしたが、「輸送時の疲れや水質の変化、水流の強さなどが稚魚に影響したかもしれない」(太田守信館長)と推測する。

 さらに自然海水の注入による水質改善や水流調整に取り組むほか、餌やりの回数を増やすなど、担当職員7人が総出で稚魚の世話に当たっている。太田館長は「何が大量死を招いたのか検証を重ねたい」と話した。

最終更新:8/12(月) 14:10
Web東奥

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事