ここから本文です

過去のカルチャーをディープに特集するマツコ番組、土田や友近がバブルを語る

8/11(日) 13:20配信

お笑いナタリー

明日8月12日(月・振休)放送の番組「教師役の陣内孝則が推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ」(日本テレビ系)にマツコ・デラックス、土田晃之、友近が出演する。

【写真】「教師役の陣内孝則が推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ」のワンシーン。(メディアギャラリー他3件)

「…とマツコ」は“さまざまなモノのピーク”をディープに特集し、振り返る不定期特番。第1弾「仲村トオルが地井武男にワッパを掛けられた時代…とマツコ」では昭和のヤンキー文化やアイドル文化、第2弾「かたせ梨乃が進駐軍の前で踊り狂った時代…とマツコ」では、風俗の歴史が取り上げられた。

第3弾となる今回のテーマは「バブル時代」。当時起きた奇妙な出来事、ディスコの世界、この時代の恋愛に欠かせなかったという“モテ車”などについてマツコ、土田、友近が語る。

■ 教師役の陣内孝則が推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ
日本テレビ系 2019年8月12日(月・振休)23:59~24:54
<出演者>
マツコ・デラックス / 土田晃之 / 友近 ほか

最終更新:8/11(日) 13:20
お笑いナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事