ここから本文です

異形の神々に巡礼せよ!鶴淵けんじが贈る古代倭国ファンタジー「峠鬼」

8/11(日) 20:52配信

コミックナタリー

鶴淵けんじ「峠鬼」の単行本1・2巻が、KADOKAWAより2冊同時発売された。

本作はハルタ(KADOKAWA)付属の小冊子・青騎士で連載された倭国ファンタジー。天涯孤独の少女・妙(みよ)は、暮らしていた里の慣習で、神への供犠(いけにえ)に選ばれてしまう。神事を目前に控えたある日、妙の前に現れたのは、高名な行者・役小角(えんのおづの)とその弟子・善。神と対話する力を持った小角との出会いから、ただ死を待つばかりだった妙の運命が一変する。やがて小角の弟子となった妙は、あらゆる願いを叶える一言主神(ひとことぬしのかみ)に会うべく各地を巡回する、彼らの旅に同行するが……。

【写真】「峠鬼」より。(メディアギャラリー他5件)

発売中のハルタVol.67では本作の連載もスタート。2巻の続きとなる第7話が掲載されている。

最終更新:8/11(日) 20:52
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事