ここから本文です

安倍首相 三谷幸喜映画で「悪総理」の消費税増税に自虐的に応じる

8/11(日) 19:23配信

デイリースポーツ

 安倍晋三首相(64)が11日、都内で、映画「記憶にございません!」(9月13日公開)の試写を鑑賞し、メガホンを取った三谷幸喜監督(58)と懇談した。

【写真】昭恵夫人 笑顔も質問には完全無視

 三谷監督に「ご感想は?」と問われた安倍首相は「記憶にございません!」と渾身のギャグで回答。三谷監督に「…(話が)終わってしまいました」とツッコまれ、苦笑いした。

 同作は、中井貴一(57)が演じる悪政を尽くす首相が一般人から石をぶつけられて記憶を失い、性格が変わって善政を敷くというストーリー。安倍首相は「悪い総理の時代に消費税上げるというのがあったので、ちょっとかすったなと」と、自身も10月から消費税増税を10%に増税しているだけに、突っ込みづらい自虐ネタを繰り出した。

 これに三谷監督は「ムッとしてないですか?」とフォロー。安倍首相は「いやいや、してないですよ」と鷹揚に応じ、「私、わりと映画を見るんです。昨日見たのは『運び屋』。クリント・イーストウッドの作品が好きなんですよ」などと映画論も展開した。

 懇談終了後、三谷監督は「安倍首相に見ていただきたいと思っていた。三谷作品も結構ご覧になっておられて、映画好きの人が映画を見て下さったという感想だった」とコメント。「政治家の方ともよく話をするが、わりと人の話を聞いていないという印象が多かった。でも安倍首相はそんなことはなく、真摯に耳を傾けて下さった」とジョークも交えた。

最終更新:8/11(日) 22:37
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい