ここから本文です

今やクルマの必需品。技ありスマホホルダー3選

8/11(日) 7:00配信

&GP

「純正品の小物入れだけでは足りない!」という人のために、場所別にオススメの収納グッズを紹介。いずれも狭い車内でも効率的に収納できるものばかり。

【取り付け画像はこちら】

整理整頓すれば運転中に小物が転がる心配もなくなるから安心だ。今回は、クルマの必需品ともいえる「スマホホルダー」を3種類紹介する。

1. アームが電動で挟んでくれる

エアコンルーバー取り付けタイプのスマホホルダーが、セイワ「オートスマホホルダー(WA33)」(実勢価格:4300円前後/税別)。左右のアームが電動で開閉するため、片手で簡単に取り外しができる。また、ケースや手帳型カバーを装着したスマホでも取り付けられるのはうれしい。

スマホを下部の設置台に置くと、自動的に左右のアームが閉じる。両サイドにある銀色ボタンを押すとアームが開く。

スマホが視界の邪魔になりにくい

エレコム「P-CARS09BK」(実勢価格:2200円前後/税別)は、アームが約50mm伸びて270度回転するので、スマホの位置をダッシュボードの下に位置でき、視界の邪魔になりにくい。

スマホとはマグネットでくっつくので、取り外しも簡単にできる。

3. 手帳型ケースを付けたままでもOK

左右のアームが太く、シリコン製グリップも装着しているので、滑りや傷つきを防げるサンワサプライの「CAR-HLD11BK」(実勢価格:2500円前後/税別)。

手帳型ケース付きでも厚さ20mmまで対応。ホルダーは360度回転するので、スマホを横にしてスマホナビとしての利用にも最適だ。

(『CarGoodsPress』89号より掲載)

(文/平岡祐輔 撮影/澤田和久)

最終更新:8/11(日) 7:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事