ここから本文です

男ウケ狙いは逆効果。”理想の夫を一本釣り”する婚活プロフィールの書き方

8/11(日) 21:31配信

テレ東プラス

写真は「写りの良さ」と「バリエーションの豊富さ」が肝

ネット婚活において男性にもっとも刺激を与えられるといわれているのが“写真“です。ここでも中里さんは一切、妥協しませんでした。

こちらが、実際に中里さんがペアーズに掲載した写真の一部。ビューティーアプリを使って写真映えを意識したものから、趣味(読書)や知性を表すためにたくさんの本に囲まれたもの、料理上手をあざとくアピールするものまで、トータル8枚の写真を登録しています。
中里さんによると、これらの写真をセレクトした基準は以下の通りです。

・明るくて写りが良いもの
・第三者目線で“印象が良い“もの
・かわいらしさが出ているもの
・全身の雰囲気がわかるもの
・自分の魅力を打ち出せるもの
・自分のライフスタイルや好きなことが伝わるもの
・男性ウケが良さそうなもの
・話題のキッカケになりそうなもの

「自分をより多角的に知ってもらうことに加えて、話題を思いつかない男性が話のタネにできるように、これだけの枚数を掲載しました。こちらの婚活の本気度も伝わるので、同じく結婚に真剣な人の目に留まればとの狙いもあります」(中里さん)

プロフィールを制す者は婚活を制す

細部にまで配慮した気合たっぷりのプロフィールを用意したからこそ、中里さんは“出会って1ヶ月でプロポーズ“という最短コースを歩むことができました。

ネット婚活において“異性との最初の接点“となるプロフィール。このプロフィールで本来の自分
が持つ魅力を最大限に伝えられなければ、スタートラインに立つことさえできません。プロフィールを制す者は婚活を制す。まずは、理想の夫を一本釣りするプロフィールを完成させましょう。本当の勝負はそこからですよ!

【取材協力】
中里桃子

2/2ページ

最終更新:8/11(日) 21:31
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事