ここから本文です

最新規格「Wi-Fi 6」って何がすごい?

8/11(日) 20:00配信

&GP

デバイスが対応していないと「Wi-Fi 6」の意味がない?

──さて、これまでにご説明いただいた速度や利点というのは、「Wi-Fi 6」に対応しているデバイスを使用した場合、ということでしたよね? そうでない機種をつなぐ場合は、メリットはあるのでしょうか?

向山:Wi-Fi 6には下位互換機能があるので、従来のWi-Fi 5やWi-Fi 4の機種であっても問題なく使用できます。

前田:「Wi-Fi 6」対応のノートPCはすでに出始めていますし、スマホも近いうちに出始める予定です。ゲーム機も対応してくるでしょうし、今は冷蔵庫やエアコンなどのいわゆる“白物家電”もWi-Fiに対応した機種が主流になってきています。まずはWi-Fi 5が搭載されることになりますが、いずれWi-Fi 6にも対応してくると思います。

向山:ですから、今ルーターの買い換えや導入を検討されている方であれば、対応モデルを買っておいていただければ、新しい子機が「Wi-Fi 6」に対応したタイミングですぐにその恩恵を受けられると思います。逆に「Wi-Fi 6」に対応した新しい子機を買っても、家のルーターが対応していなければ、せっかくの機能を生かせないことになるわけですから。

幸田:子機が「Wi-Fi 6」に対応していないのに、通信速度が向上したという声をいただくんですが、それはルーターの機能が高いからだと思うんです。それとアンテナが多いので、複数のデバイスを接続しても通信が安定するんですね。息子さんも、もう以前の環境には戻れないんじゃないですか(笑)。

──間違いないですね。ここ数年は反抗期で困ってるんですが、少し機嫌もよくなったので助かってます(笑)。

前田:ナイトホークは家庭円満にも役立つということで(笑)。

──本当に助かります。これで父の威厳も保たれるというものです!(笑)

(取材・文/高崎計三)

4/4ページ

最終更新:8/11(日) 20:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事