ここから本文です

「こんなオヤジはいやだ!」子どもが父親にがっかりする瞬間

8/11(日) 19:45配信

LIMO

母親(妻)への愛が感じられない

最後にもう一つ。「母親(妻)への愛情が感じられないような言動を目にするとがっかりしてしまう」という意見もありました。仕事で疲れて帰ってきてきつく当たったり、ちょっとしたことでイラ立ったような反応をしていたりすると、「愛情に欠けた言動」として捉えられてしまうこともあります。子どもが父親に対してがっかりしてしまうとともに、母親も父親に対して失望してしまうこともあるでしょう。夫から妻への心ない言動→妻が子どもに夫の愚痴を言う→子どもが父親をバカにする、という悪循環もよく聞かれます。夫婦の関係が、子どもの気持ちにどう影響を与えるかは、気を付けておきたいところですね。

ここで紹介してきたように、多くの子どもは父親のことをある程度は尊敬しているようです。しかし、父親らしからぬ言動や、家族の雰囲気を悪くするようなことをしてしまうと、がっかりする瞬間が訪れるようです。

もちろん人間ですから、疲れていたり、弱気になったり、イライラしたり、いつも以上にプレッシャーがかかっていたり、いろんな精神状態のときがあります。思いを率直に口にすることや、羽目を外すこともあってもいいのですが、そうした中でも、最終的には家族から尊敬される父親でいることを目指したいものですね。

クロスメディア・パブリッシング

3/3ページ

最終更新:8/11(日) 21:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事