ここから本文です

かんぽ生命に加入した理由とは一体何だったのか

8/11(日) 17:00配信

LIMO

かんぽ生命の契約について調査が行われていることについてはかんぽ生命より2019年7月31日に「日本郵政グループにおけるご契約調査及び改善に向けた取組について」でプレスリリースが開示され、また既に多くの報道がされている通りである。

では、そのかんぽ生命の加入者はどのような理由で保険に加入したのであろうか。そしてかんぽ生命の直近の業績影響はどうであったのかを見ていきたい。

かんぽ生命への加入理由

生命保険文化センターが2018年9月14日に発表した「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査(速報版)」によれば、以下のような調査結果となっている。

もっとも多い理由は、「郵便局員・かんぽ生命の営業職員の人が親身になって説明してくれたので」が27.5%(複数回答可の調査結果)。

次いで多かったのが、「以前から加入していた郵便局員・かんぽ生命の営業職員の人にすすめられたので」が21.0%。

第三位には、「希望にあった生命保険だったので」が19.7%となっている。

こうしてみると、加入理由の第一位と第二位は、かんぽ生命の加入理由の多くは、人を基軸とした接点による営業が力を発揮していたと言えよう。かんぽ生命の商品性を理由としたものが第三位に登場する。

今回のような問題が浮上している可能性の一つには、皮肉だという声もありそうだが、営業と顧客の距離が近かったということが指摘されよう。

かんぽ生命の直近の決算はどうだったのか

かんぽ生命は8月9日に2020年3月期第1四半期(Q1)の決算を発表している。

経常収益は対前年同期比で▲8%減、経常利益は同▲26%減、親会社株主に帰属する四半期純利益は同▲1%減となっている。減収減益の決算である。

その中で、個人保険の新契約年換算保険料は935億円と対前年同期比で▲1%減、第三分野は同2%減と、いずれの保険も減少となっている。

また、保有契約年換算保有保険料は個人保険に関しては4兆6471億円と対前年同期比▲1%減、第三分野は7557億円となっており、こちらは対前年同期比で若干増加している。

1/2ページ

最終更新:8/11(日) 17:05
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事