ここから本文です

小堀流踏水会先師祭

8/12(月) 19:45配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

古くからから伝わる、肥後細川藩の武芸、小堀流踏水術の先師祭が、熊本市で行われました。

小堀流踏水術は、江戸時代から伝わる武芸で、水を踏むように立ち泳ぐ力強さが特徴となっていて、熊本の重要無形文化財にも指定されています。

12日の先師祭には、3歳から77歳までのおよそ40人が参加しました。

参加者は、匠に筆で文字を書きながら立ち泳ぎをする「連書」や「手繰游」など、顔をつけずに泳ぐ水術が、披露されました。

また、甲冑を身に着けて泳ぐ甲冑御前游は、歴史を感じる泳ぎで、観客を魅了しました。

RKK熊本放送

最終更新:8/12(月) 19:45
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事