ここから本文です

【先週のJRA抹消馬】現役唯一の11歳馬ユキノアイオロス、マーメイドS6着モーヴサファイアなど

8/12(月) 13:01配信

netkeiba.com

 8月6日~8月11日の期間では、今年の日本ダービー馬ロジャーバローズ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)、重賞2勝馬ジューヌエコール(牝5、栗東・安田隆行厩舎)、2017年フェアリーS覇者ライジングリーズン(牝5、美浦・奥村武厩舎)と、3頭の重賞勝ち馬がJRAの登録を抹消された。

 ロジャーバローズは種牡馬に、ジューヌエコールとライジングリーズンは繁殖牝馬になる予定とのこと。

 重賞勝ち馬以外では、現役ではJRA唯一の11歳馬だったユキノアイオロス(2008年産、美浦・石毛善彦厩舎)、ブラックスピネルの半妹で自身もオープン馬となったモーヴサファイア(牝5、栗東・池添学厩舎)、ルメール騎手にとってその日8勝目となる4日のポプラ特別を制したサラーブ(牝4、美浦・木村哲也厩舎)などが登録を抹消されている。

 収得賞金200万円以上の抹消馬一覧は、以下のとおり。

8月7日
サクレディーヴァ
ジューヌエコール
バンパークロップ
プレミアムギフト
モーヴサファイア
ユキノアイオロス

8月8日
サラーブ
ダノンプレシャス
ベストリゾート
ライジングリーズン
ロジャーバローズ
ロードソリスト

8月9日
タガノフレイア
ハンサムリー
ブンゴ

8月10日
サトノグリッター
サトノクロノス
ディヴァインハイツ
ミスレジェンド

最終更新:8/12(月) 13:01
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事