ここから本文です

北朝鮮の国防相名指し非難 韓国当局「対応の必要感じない」

8/12(月) 13:56配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は12日、北朝鮮外務省の高官が鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官を名指しで非難したことに関連し、対応しないとの立場を示した。

 

 同部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は、この日の定例会見で「北が(韓国)軍をあざけり、ミサイルの射程距離を判定できず困り果てたなどと非難したことについて、論評や反応はあるか」との問いに対し「いちいち対応する必要を感じていない」と述べた。

 これに先立ち、北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は11日に出した談話で「前回行ったわが軍隊の威力示威射撃を巡って射程距離一つまともに判定できずに困り果て、万人の笑いものになったことから教訓を得る代わりに、自分たちが口出しすることでもないのにしゃしゃり出て夜も眠れずにあがくのは実に見苦しい」と主張した。

 また、鄭氏を名指しして「鄭景斗のようなおかしな者が体面を保とうとでたらめな妄言を並べるのは、火に油を注ぐ愚かな行為だ」と非難した。

最終更新:8/12(月) 13:56
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事