ここから本文です

子どもを授かった友人を祝福できない相談者「結婚したら自然にできると思っていたのに……」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト

8/12(月) 10:53配信

ねとらぼ

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月~金曜11時~ 配信)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは8月8日(木)放送の柴田理恵パーソナリティー回。夫との価値観の違いに悩み、離婚まで考えているという妻からの相談。しかし夫は決して「ひどい人間」ではないようなのだ。

【画像】これまでの「テレフォン人生相談」ハイライト

子どもが欲しい夫と、不妊治療はしたくない相談者

 相談者は35歳女性。夫は37歳。結婚8年目で、子どもはいない。

 離婚関係の相談というとで、どんなにひどい夫なのかと気になってしまうが、

 ★周りに人が寄ってくるくらい慕われている。

 ★自分のことは自分でやる。

 ★時間もきちんと守り、人の気持ちもすごく汲む。

 と、相談者の話を聞く分には、素晴らしい夫としか思えないし、相談者自身も基本的に「自慢の夫」と考えているようだ。

 相談者が「夫との考え方にズレがある」と思っているポイントは一点。子作りに関するスタンスだ。

 「結婚したら子どもって出来るものだと思ってたんです」

 しかし結婚から8年経っても子どもができなかった相談者の夫婦。相談者以上に子どもを欲しがっている夫は、結婚1~2年目に「(子どもができないのは)俺が原因だ」と言い出して、タバコをスパッと止めたという。

 このあたりも、いい夫エピソードのひとつと言えそうだが、逆にそれが相談者にプレッシャーを与えているようだ。

考え方のズレが一番の問題

 「全然、私が動き出さないところに不満があるのかなとは思うんですけど」「やっぱり自然に授かりたい。自然に授かることを望んで、ダメなら自然にあきらめたい」

 ハッキリとは言わないが、不妊治療を提案する夫に対し、自然に妊娠したいと考えて病院には行くことを拒否する相談者。この考え方のズレが一番の問題となっているようなのだ。

 ただ、相談者も決して子どもが欲しくないと思っているわけではない。むしろ、強烈に欲しがっているように感じる。

 だからこそ、自分たちより後に結婚した友人たちが次々と子どもを授かっていることが、相談者の重荷となっているのだ。

 「私は当然『おめでとう』という役に回らなきゃいけないけど、申し訳ないけどその時、私も不安定で。『なんで?』というか……」

 「女性としては気持ち、分かりますね。うん、分かるよ、すごく」

 欲しい、でもできない。不妊治療はしたくない……。そんな葛藤の中、相談者は冗談めかして「もう、あきらめようか?」と夫に言ったこともあるという。

 しかし夫からは「口にした言葉って、ホントにそうなっていく物だと思うから、軽々しくそういうことは言わないで欲しい」と返されてしまった。

 「もう逃げなんですけど、今、離婚する人ってたくさんいるじゃないですか。私の周りにはホントいなかったんです、たまたま」「私たちに子どもが出来ないのは、意味があって出来ないのかなと思ったりもして。『今ならまだ引き返せるよ』っていうことなのかなとか思ったり……」

 気になるのは、相談者が他人の目を気にしすぎているということ。おそらく相談者の周囲には不妊治療をした友人も、離婚をした友人もいなかったのだろう。

 「友人たちと同じ」であることが、相談者にとっての「安心」であって、不妊治療を拒否しているのも、具体的にポリシーを持っているというよりは、単に「周りの友人はやっていないから」なのではないだろうか?

1/2ページ

最終更新:8/12(月) 10:53
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事