ここから本文です

「女子高生の無駄づかい」第7話が激アツの予感 サブタイトルは「やまい」

8/12(月) 22:31配信

ねとらぼ

 2019年夏アニメ「女子高生の無駄づかい」第7話のあらすじと先行カットが公開されました。サブタイトルは「やまい」。これは熱くなる予感。主にワセダの体温が。

【画像】その他の先行カット

 「女子高生の無駄づかい」は、KADOKAWAのWebコミック配信サイトコミックNewtypeでビーノさんが連載中のギャグ漫画が原作。主人公の田中望(たなかのぞむ)の通称が“バカ”というどストレート過ぎるネーミングで本当に底なしのばかという分かりやすさです。

 「やまい」は、田中のクラスメイト「山本美波」に田中が付けたあだ名。由来は重度の中二病患者であることからで、成績が絶望的に悪いことと合わさって担任の「ワセダ」(あだ名)をしょっちゅう困惑させたりキレさせたりしています。

 その中二病ぶりを存分に発揮している姿がしょっちゅうCパート(ED後のシーン)で流れることから、視聴者からは「Cの女」や「クローザー」といった称号が与えられました。そのほどほどに狂った言動は高い人気を誇っており、第7話はサブタイトルだけで期待が高まります。果たしてワセダのメンタルは大丈夫なのでしょうか。

 第7話「やまい」のあらすじは以下のとおりです。

屋上の給水タンクの上に座って、人間はもっとプライドを持たなければならないとつぶやくヤマイ。そんなヤマイに話があるから降りてこいと言うワセダだったが、ヤマイはワセダの言葉には屈しないと返す。しかし、ワセダが内緒で饅頭を一つやろうと言うと、あっさりと降りていき、いつものごとく進路指導室へと連れて行かれる。ワセダはヤマイの包帯がいつもに増して多いことを心配していて、いったい何があったんだと問いかけるが、ヤマイは大したことじゃないから案じるなと反論し……。

「女子高生の無駄づかい」概要

テレビ放送

・AT-X:毎週金曜 21時30分~
・AT-Xリピート1:毎週日曜 24時~
・AT-Xリピート2:毎週月曜 13時30分~
・AT-Xリピート3:毎週水曜 29時30分~
・TOKYO MX:毎週金曜 22時30~
・テレビ愛知:毎週金曜 27時5分~
・KBS京都:毎週金曜 24時~
・サンテレビ:毎週金曜 24時~
・BS11:毎週金曜 23時~

配信

・AbemaTV:毎週金曜22時(地上波先行、最速配信)
・その他のサイトは7月12日以降順次開始予定

スタッフ(敬称略)

・原作:ビーノ(KADOKAWA「コミックNewtype」連載)
・総監督:高橋丈夫
・監督:さんぺい聖
・シリーズ構成:横谷昌宏
・キャラクターデザイン・総作画監督:安田祥子
・サブキャラクターデザイン:古川英樹、番由紀子、満若たかよ
・監督補佐:橘紗央莉
・美術監督:斉藤隆博
・美術設定:中村嘉博
・色彩設計:鈴木咲絵
・撮影監督:山本弥芳
・編集:丹彩子
・音響監督:明田川仁
・音楽:菊谷知樹
・音楽制作:KADOKAWA
・アニメーション制作:パッショーネ
・製作:女子高生の無駄づかい

キャスト

・田中望(バカ):赤粼千夏
・菊池茜(ヲタ):戸松遥
・鷺宮しおり(ロボ):豊崎愛生
・百井咲久(ロリ):長縄まりあ
・山本美波(ヤマイ):富田美憂
・一奏(マジメ):高橋李依
・染谷リリィ(リリィ):佐藤聡美
・久条翡翠(マジョ):M・A・O
・佐渡正敬(ワセダ):興津和幸

ねとらぼ

最終更新:8/12(月) 22:31
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事