ここから本文です

巨人が苦手マツダで広島下し5連勝 2位DeNAに3差 広島には4・5差

8/12(月) 22:19配信

デイリースポーツ

 「広島7-8巨人」(12日、マツダスタジアム)

 首位巨人が広島の追い上げをかわし、1分けを挟み5連勝。2位DeNAに3差、3位広島に4・5差とした。

【写真】原監督「“もう、いないでくれ”と」2投手をベンチ外

 初回にゲレーロの押し出し死球、若林、小林の連続適時打などで4点を先制。三回にはゲレーロの15号2ランでリードを6-1と広げた。

 しかし、先発山口が不調で三回に菊池涼の適時二塁打と松山の適時打で2点を返され、四回には内野ゴロで1点を失い四回途中4失点で降板。2番手田口も菊池涼に10号ソロを打たれ1点差とされた。

 五回の2死満塁のピンチをしのぐと六回に坂本勇の中犠飛で加点。八回にも坂本勇の右前適時打でリードを広げた。八回に沢村が鈴木に左前適時打を許し2点差とされたなおも2死満塁のピンチが続いたが、7番手高木がしのいだ。九回は8人目のデラロサが1点を失ったが、最後は締めた。

 昨年、マツダスタジアムで2勝9敗1分けと大きく負け越した巨人。今季も同球場で試合前まで2勝6敗1分けと黒星が先行し、終盤に嫌なムードも漂ったが、最後は逃げ切った。

最終更新:8/12(月) 22:34
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事