ここから本文です

【動画】人気軽ワゴンの新型タント 日常の使い勝手を極めた家族みんなにマッチする1台だった?

8/12(月) 17:31配信

くるまのニュース

みんなにマッチする新型タントを動画でチェック!

くるまのニュース

 ダイハツ初代「タント」は2003年に登場。いま日本でもっとも新車が売れているジャンル「軽スーパーハイトワゴン」を切り開いたパイオニアです。背が高く、車内は広く、スライドドアで乗降性にすぐれた軽自動車です。

新型タントの使い勝手を画像で見る(24枚)

 2007年登場の2代目では、助手席側のセンターピラー(前席と後席の間にある柱)をドアに内蔵することで、間口を広くとった大開口スライドドア「ミラクルオープンドア」を採用しました。

 2019年上半期の新車販売では、ホンダ「N-BOX」、スズキ「スペーシア」に次ぐ3位と、3代目のモデル末期ながら健闘。これまでに累計200万台以上を売り上げた、ダイハツの基幹モデルです。

 今回、フルモデルチェンジされた4代目の新型タントでも、スーパーハイト系ならではの広い車内空間と、大開口スライドドアは継続採用されています。

 注目の新装備は、運転席を後方へ最大540mmスライドできる世界初の「運転席ロングスライドシート」。目一杯スライドさせれば、運転席に座りながら後席のチャイルドシートや荷物にも簡単に手が届きます。

 また、運転席側の乗降スペースが狭いときには、運転席をスライドさせて後席に移り、助手席側のスライドドアから降りることも可能。助手席側から子どもと一緒に乗り降りすることもできます。広い車内と大開口スライドドアがあってこそできる、新しくユニークな車内移動の動線を実現しました。

 なお、運転席のスライド中にクルマが誤って発進しないように、Pレンジでのみスライドできるようにされているので、安心です。

 そのほかにも、スライドドアが閉まる前にドアロックを予約してクルマから離れられる「タッチ&ゴーロック機能」、クルマに戻ったらスライドドアが開く「ウェルカムオープン機能」、助手席が半ドアのとき自動でドアを閉める「助手席イージークローザー」といった、軽自動車初の便利機能を搭載しています。

 また近年の軽自動車の例にもれず、先進の予防安全機能も充実しています。衝突回避支援ブレーキや誤発進抑制機能のほか、車線キープや車線からの逸脱を抑制する機能を搭載。先行車を追従する「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」は、0km/hから作動します。

 さらに、駐車時にハンドル操作支援をおこなう「スマートパノラマパーキングアシスト」を軽自動車で初搭載。駐車時には、音声や画面ガイドと合わせてハンドル操作の支援もおこないます。また、対向車を検知すると自動的に遮光する「アダプティブドライブングビーム」(軽初)を搭載。

 ダイハツは、新型タントから新開発のプラットフォーム「DNGA」を投入。操縦安定性や乗り心地性能を最大限引き出すため、サスペンションアレンジを最優先で設計し、高い基本性能を実現したとしています。

 また、新型タントでは軽度な介護を必要とするシニア層に向けた商品開発にも力を入れています。従来は、標準車か福祉車両しか選べませんでしたが、ユーザーにとって幅広い選択肢が可能になりました。

 タントは、子育て層からシニア層までさまざまなカーライフに合う魅力的な1台といえそうです。

金子高志

最終更新:8/12(月) 21:04
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事