ここから本文です

確固たる地位築きたいアレニャ、バルサの3選手に賛辞「努力家で謙虚な人」

8/12(月) 7:01配信

SPORT.es

日本時間11日に行われたプレシーズンラストマッチとなったナポリ戦(0-4○)で先発出場を果たしたFCバルセロナのMFカルレス・アレニャ。

アレニャ、ネイマールのバルサ復帰を熱望...レアル移籍は「辛い」

21歳の同MFは試合を総括すると共に、56分にチームの3点目をマークし、バルサでの初ゴールをあげたアントワーヌ・グリーズマンに賛辞の言葉を送っている。

「グリーズマンはスター選手だ。チーム内でもいい形で順応し始めている。素晴らしい人であり、努力家で謙虚な人だ。彼のゴールを嬉しく思う」

「もし、彼がゴールを決めれば、みんなにとってもより素晴らしいことだ。彼のバルサ加入、チームへの順応、そして、なによりクラブのためにプレーする姿勢をとても嬉しく思う」

ミシガン・スタジアムのミックスゾーンでこのように語ったアレニャは続けて、共に先発したフレンキー・デ・ヨングとセルジ・ロベルトについても言及し、「すごくプレーしやすかった。優れた試合ができたし、今後の自分達にとっても大きな助けになるだろう。サン・マメスでのリーグ開幕戦はとても大切だ」とコメントしている。

3人のチームメイトに賛辞の言葉を送ったものの、アレニャにとっては今後も同じポジションで先発を争うライバルとなる。
その中でも同選手は、今シーズンこそチーム内で確固たる地位を築きたいと考えている。

「前進していきたい。先発としてプレーしたいし、すでにフィットするための期間は経験している。中盤の競争は非常に厳しいが、それは自分のパフォーマンス次第だ。しかし、今シーズンが自分にとってもチームにとってもいいものになると信じている」

“オーバーブッキング”状態となるバルサの中盤で定位置確保へ、21歳MFの勝負のシーズンが始まろうとしている。

最終更新:8/12(月) 7:01
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事