ここから本文です

見たことないお菓子がずらり! 表参道で味わうヨーロピアンスイーツの世界

8/12(月) 11:03配信

食べログマガジン

お菓子の歴史を語らせたら右に出るものはいない! といっても過言ではない、お菓子の歴史研究家・猫井登先生が、その街で話題のスイーツを追いつつ、そのスイーツについての歴史も教えてくれちゃうという、一度で二度おいしいこの企画。

今回は、東京・表参道で楽しめる「フランス」「ハンガリー」「イギリス」の伝統菓子を紹介します。

【猫井登のスイーツ探訪】~表参道で味わう世界のスイーツ~【1軒め】フランス菓子「シャルマン・グルマン 青山」

猫井(以下、猫):今回は、フランスのスイーツが味わえる「シャルマン・グルマン 青山」さんからスタートです! こちらはヨーロッパの伝統菓子を扱う、老舗ブランドを中心とした輸入菓子のセレクトブティックです。1階はショッピングエリアになっていて、商品の入れ替わりはありますが、サブレ、チョコレート、キャラメルのほか、スコーンやケーキなどが販売されています。2階のサロンエリアでは、1階のお菓子のほか、ランチセットなども楽しめますよ!

編集(以下、編):特にオススメなのはどんなスイーツですか?
 
猫:「La Sablesienne(ラ・サブレジエンヌ)」のサブレは、いかがでしょうか。1670年当時のレシピのまま、作られているサブレですよ!
 
編:サブレってそんな昔からあるお菓子なんですね!

猫:フランスの王族のコンデ公のもとにヴァテールという給仕長がいたのですが、彼がパーティーで供したビスケットが大好評でフランス社交界に広まったとされています。このビスケットのレシピは、もともとマドレーヌ侯爵夫人が考案したといわれており、彼女の住む町が「サブレ・シュル・サルト」だったことから、サブレと呼ばれるようになったと伝えられています。
 
編:ヴァテールさんは有名な人だったんですか?
 
猫:いわゆるホイップクリームを発明したといわれる人ですね。コンデ公がシャンティー城で開いたパーティーで、生クリームを泡立てたことが発端です。なので、ホイップクリームのことを「クレーム・シャンティー」と呼びますよね。ちなみに、祝宴で手配したはずの魚が予定量届かなくて祝宴を台無しにしてしまったと思い込み、剣で自分の体を刺して亡くなられたことでも有名ですが。
 
編:おぉ……魂の料理人だったんですね。

1/3ページ

最終更新:8/12(月) 11:03
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事