ここから本文です

<知事選>大野元裕氏、大宮駅で12時間活動 「暑さより熱い気持ちで」テロ対策や子育て支援など訴え

8/12(月) 9:11配信

埼玉新聞

 新人5人の争いとなった埼玉県知事選。猛暑の中、8日の告示後初めての日曜日となった11日、候補者らは支援者と共に支持集めに汗を流した。上田県政の継承か転換かが争われる中、事実上の一騎打ちとなる大野元裕氏(55)と青島健太氏(61)は暑さに負けず力強く政策を訴えた。

<知事選>大野氏支援へ、上田知事を支えてきた地方議員ら集結 大野氏「県政を前に進めていきたい」

■上田知事「直伝」の駅頭活動

 上田清司知事が応援し、立民、国民など野党各党が支持・支援する前参院議員の大野元裕氏は前日に続き大宮駅で午前8時から約12時間立ち続け、中東駐在で培ったテロ対策の知見や子育て支援などを訴えた。「お盆の時期だが、有権者の感触は悪くない。この暑さよりもっと熱い気持ちで臨んでいる」と意気込む。

 陣営関係者によると、駅頭活動はお盆選挙を経験した上田知事「直伝」の秘策だ。「お盆に県内で一番人が集まるのは駅。選挙カーで各地を回るよりも、駅で多くの人と握手する方が、知名度向上につながる」という。

 上田知事派や無所属の県内地方議員らがつくる「躍進地方議員の会」のメンバーは、ビラ配りや大野氏の休憩中のリレー演説でサポートする。ハンズフリーの小型扇風機を身に着けた岡村ゆり子県議は「暑さには参るが、われわれ1年生議員が動かなければ」と額に汗を浮かべる。「投票率が低く、対抗馬がいる選挙は大変。劣勢ではあるが、駅頭活動を有権者の投票行動につなげたい」と語った。

 7月の参院選で初当選した共産党の伊藤岳参院議員もビラ配りに駆け付けた。大野氏とは2016年の参院選で議席を争ったライバルだが「民主主義を一番体現している候補者」と太鼓判を押した。

最終更新:8/12(月) 10:12
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事