ここから本文です

北照・桃枝丈が見せた全国クラスの投手戦

8/12(月) 12:35配信

高校野球ドットコム

 この一戦は全国レベルの投手戦となった。

 中京学院大中京の先発・不後 祐将は切れ味抜群のピッチング。ノーワインドアップから始動し、右足を高々と上げていきながら、左足をバランスよく上げていき、真っ向から振り下ろすストレートは常時135キロ前後(最速139キロ)だが、縦回転でしっかりと腕が振れて、軸足が折れすぎず、右足はしっかりと体重が乗った状態で踏み出せる投球フォームなので、球速表示以上に勢いを感じさせ空振りが奪える。

両チームの個人成績

 リリースポイントと体重移動が安定しているので、内外角へのコントロールもできており、強打の北照打線もどん詰まりの打球が多い。

 不後の投球フォームはまさに縦振り。これは中京学院大中京では大事にしている教えで、不後はキャッチボールをいろいろ試しながら現在の投法となった。中京学院大中京のスタッフの間では飲み込みが早く、センスが優れた選手として評判だった。また、メンタルが強く、7回裏、振り逃げの場面でヘッドスライディングで一塁に駆け込んだ。中京学院大中京のスタッフはヘッドスライディングから見える勝負の執念強さが投手として買っているところでエースを任せている理由だ。

 さらにストレートと同じ腕の振りで繰り出す120キロ前半のスライダーも打者の手元ですっと曲がる、110キロ前半のチェンジアップも落差があり、次々と三振を奪い、6回途中まで1失点の好投だった。

 中学時代は侍ジャパンU-15代表を経験している不後。140キロは出ていないが、技術的にはかなり完成されている。まさに全国レベルの左腕である。

 北照を2年連続の甲子園出場に導いたサイドハンド・桃枝 丈(もものえ・じょう)も全国レベルのサイドハンドといえるだろう。

 171センチ64キロと細身だが、体を鋭く回転させて投げ込むように、体の使い方が非常に上手で、常時135キロ~140キロの直球が両サイドへ投げ込む。さらに120キロ前後のスライダー、チェンジアップを低めに投げ分ける。桃枝の良さはピンチになるほどストレート、変化球の精度が上がるところで、最速140キロも5回裏、二死二塁の場面で出したものである。

 しっかりとフィジカルを鍛えれば、大学、社会人では145キロ~140キロ後半を出していてもおかしくない投手だ。

6回の先制打、8回の二塁打も140キロ台のストレートをしっかりととらえたように、打撃センスも高く、身のこなしの良さを見ると、野球センスは非常に高い投手初戦で消えるのはもったいない投手だ。

最終更新:8/12(月) 12:35
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(月) 9:10

あなたにおすすめの記事