ここから本文です

シルバやケイン、S・ロベルトら…クラブ在籍10年目を迎えた選手たち

8/12(月) 17:56配信

SOCCER KING

 プレミアリーグとリーグ・アンを皮切りに、欧州5大リーグの2019-20シーズンが幕を開けた。新たなシーズンを新天地で迎える選手もいれば、同じクラブで変わらずプレーし続ける選手も存在する。そこで今回は、今季で在籍10年目という節目のシーズンを迎えた選手たちを紹介しよう。

※下部組織出身選手については、トップチームでデビューを飾ったシーズン、またはトップチーム昇格を果たしたシーズンを在籍1年目としてカウントする。なお、在籍年数はレンタル移籍期間も含むこととする。

写真=ゲッティイメージズ

■ダビド・シルバ(マンチェスター・C)

2010年夏にバレンシアから加入。華麗なドリブルやパスによって攻撃陣を牽引し続け、これまでに4度のプレミアリーグ制覇、2度のFAカップ優勝を味わってきた。今季開幕前には、ヴァンサン・コンパニに代わる新キャプテンに就任。2019-20シーズン限りでの退団を明言しており、マンCラストイヤーで有終の美を目指す。

■ハリー・ケイン(トッテナム)

トッテナムの下部組織出身で、2010年夏にトップチームに昇格。その後3度のレンタル移籍を経て2014年からレギュラーに定着すると、2015-16、2016-17シーズンと2年連続でプレミアリーグ得点王に輝くなど、不動のエースとして君臨している。昨季はクラブ史上初となる欧州制覇を目前で逃しただけに、トップ昇格10年目となった今季に懸ける思いは一層強くなっているはずだ。

■クリス・スモーリング(マンチェスター・U)

2010年夏にフルアムから加入して以降、公式戦300試合以上に出場しているチーム最古参。ネマニャ・ヴィディッチやリオ・ファーディナンドの後継者として期待を集めていたが、近年は軽率なミスから失点に絡むシーンが目立ち、評価を落としている。2017年を最後にイングランド代表からも遠ざかっており、30歳を迎える今季は勝負の1年となりそうだ。

■トロイ・ディーニー(ワトフォード)

2010年8月、当時イングランド2部に所属していたワトフォードに加入。傷害罪で逮捕されたこともある“前科者”だが、3シーズン連続でリーグ戦20得点以上を挙げてプレミアリーグ昇格の原動力となり、今ではチームのキャプテンも務める。昨季はつま先を骨折しながら試合に出場したことが話題となった。今季もリーグ屈指のタフガイから目が離せない。

1/2ページ

最終更新:8/12(月) 17:56
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事