ここから本文です

日本ハム栗山監督が吉田輝星の14日先発を明言

8/12(月) 11:44配信

日刊スポーツ

日本ハム吉田輝星投手(18)が14日ロッテ戦(東京ドーム)で先発する。栗山監督が12日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)の試合前に明言した。

【写真】ランニングする日本ハム吉田輝

栗山監督 明日(13日に1軍へ)合流させる。あさって(14日に)投げさせる。基本的には先の方が(先発の方が)いいかなと。最終確認はするけども。状態上がってきたのは分かっていた。こういう状況を含めて、行くぞ。若い人たちの力も必要だろ。どうやったら優勝するのかも含めて。思い出すだろ、あの熱かった甲子園を。去年くらいの感じでいってくれるだろ。

チームは10日ソフトバンクとの首位攻防戦で連敗。栗山監督は「ここからは、プラスアルファが必要だろう」と抜てきを示唆していた。夏の甲子園真っ盛りのタイミングで、昨夏の準V右腕に再び1軍の舞台が用意されることになった。

吉田輝は今季、2試合に先発。6月12日広島戦で5回1失点と好投し、プロ初登板、初勝利を挙げた。同23日中日戦は3回5失点でプロ初黒星。その後、軽度の腰痛のため2軍で再調整してきた。イースタン・リーグでは8月7日西武戦でプロ初の危険球退場となったが、翌8日の同戦で2回無失点とアピールしていた。

最終更新:8/14(水) 20:00
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(火) 14:10

あなたにおすすめの記事