ここから本文です

「ネイマールが去ったら眠れない」パリSGトゥヘル監督は退団覚悟

8/12(月) 14:15配信

ゲキサカ

 パリSGを率いるトーマス・トゥヘル監督が去就が騒がれているFWネイマールについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。

 2017年8月に史上最高額の2億2200万ユーロ(約269億4000万円)でパリSGに移籍したネイマールは今夏の退団が報じられ、バルセロナ復帰やレアル・マドリー移籍が噂されてきた。ここにきて、ジネディーヌ・ジダン監督がネイマール獲得にゴーサインを出したとも伝えられている。

 トゥヘルはフランスの番組『カナル・フットボールクラブ』のインタビューに応じ、「我々は現実的になり、ネイマールなしで戦う解決策をみつけなければならない。彼のような選手をほかに見つけることは不可能だ。彼を失い、代わりの選手を見つけることはできない」と語った。

「私はネイマールが大好きだ。彼とキリアン(・ムバッペ)と、そしてみんなと一緒にプレーし続けたい。もしネイマールが去ったら眠れなくなるだろう」。ネイマール残留を諦めず、そうコメントした一方で、指揮官はこの先何が起こるか分からないことも認めている。

「ネイマールのニュースが悪いニュースになってしまうのか、良いニュースに留まってくれるかは分からない。ただ、移籍市場は終わっていない。現実的になり、彼を失う可能性があることも覚悟しておかなければならないと思っている」

最終更新:8/12(月) 15:32
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事