ここから本文です

マツコが恐れをなしたN国党・立花氏 TOKYO MX“襲撃”の一部始終

8/13(火) 14:06配信

東スポWeb

「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首(51)が12日、コラムニストのマツコ・デラックス(46)が月曜コメンテーターを務める「5時に夢中!」(月~金曜午後5時、TOKYO MX)を“襲撃”した。7月の放送で毒舌を吐いたマツコに対し、「出てこい!」と支援者とともにMXを包囲したのだ。マツコが恐れをなした一部始終を全公開――。

 本紙記事がきっかけで“開戦”したマツコVS立花氏がついに訴訟・降板騒動にまで発展した。参院選での立花氏とN国党の躍進にマツコが7月29日の「5時に夢中!」で「冷やかしじゃない? ふざけて入れている人も相当数いるんじゃないか」「気持ち悪い」と批評したことに立花氏が激怒。「党に投票してくれた有権者をバカにするな!」「MXに呼んでくれ。討論しよう」と本紙を通じて反論。これをマツコ及びMX側がスルーしたことで、立花氏は「MXでマツコを出待ちする」と直接行動に出たのだ。

 立花氏の“襲撃予告”を受け、MX側は厳戒態勢を敷いた。都内のスタジオの周囲には10人以上の警備スタッフ、さらに民間の警備会社から派遣されたと思われる屈強なSP8人が目を光らせた。また警察、機動隊も出動し、10人以上の警官がMX周辺を交通整理した。

 立花氏がMX前に到着したのは放送開始から15分過ぎてから。待ち構えていた約30人のN国党支援者、約20人の報道陣、さらに約30人のユーチューバーが一斉に立花氏にカメラを向けた。ガラス越しにスタジオ内が見える歩道に陣取った立花氏は「投票して頂いた方にふざけてるとか、気持ち悪いとか言って、無視するんじゃなく見解を出せ!」と大声を張り上げた。

「MXは公共電波を与えられて放送されている。特定の政治団体を誹謗中傷、侮辱するのは政治的に公平中立である放送法4条に違反している! インタビュー取材とか反論させるべき。こっちも法的手段を取らないといけない」と止まらない。

 この日も番組内でN国党の話題が出ることはなかったが、N国党ののぼりがなびき、無数のフラッシュがたかれる状況に司会のふかわりょう(44)がたびたび外を気にする様子がうかがえた。

 番組終了間際になると立花氏は駐車場口に移動。100人以上に膨れ上がったやじ馬の前にテンションは上がる一方だ。マツコの事務所が訴訟を検討しているとの話を伝え聞いた立花氏は「(マツコは)裁判すると言っているが、してくればいい。コソコソしないで出てこい! 弁明するか謝罪するかしないと、毎週MXに来るぞ!」と叫んだ。

 番組が終わってもなかなかマツコが出てくる気配がない中、立花氏にMXの内部情報が漏れ伝わってきた。「マツコはパニックになって、番組を降りると言っているようです。辞めるというのは自分が悪いということ。降りるのが本当なら今日はもう解散する」と自身も鬱病になった経験がある立花氏は「もし来週も出るというのならトコトンやりましょう」と言い残し、MXを後にした。

 結局、マツコを乗せたと思われた車が厳戒態勢の中、MXを出たのはそれから1時間ほどしてから。関係者によれば「マツコはこんな騒ぎになって今後、どうするのかをMX幹部、事務所側と話し合ったようです」と話す。

「マツコは以前にも降板騒動があったように『5時夢』はブレークする前からレギュラーだった義理で出ているだけで、いつ辞めてもいい。それよりもほかの民放番組やCMに影響が出るのを恐れているようです」(同関係者)

 今後、マツコが取る手はそう多くない。このまま立花氏を黙殺し、「MX前でのN国党デモ」が定例化するのか、それとも「5時夢」で立花氏との直接対決を実現させるのか、はたまたマツコが番組降板して、臭いものにふたをするのか――。

 炎上商法はお手の物の立花氏はこんな悪魔の誘いも忘れない。「マツコは(降板になったら)ウチの党に入って、衆院選で出ればいい。NHKと戦うといえばヒーローになる。待ってるよ!」と可能性はゼロに近いが、よもやの合体があるかも!?

最終更新:8/13(火) 14:14
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事