ここから本文です

ノートPCの画面は「16:9」と「3:2」どっちがいい?

8/13(火) 18:01配信

ギズモード・ジャパン

さまざまな展示品を前にして思いが巡りますよね。

ノートPCを買おうとやってきた家電量販店。「CPUのパワーはどのくらい?」とか「重さは?」とか「キーボードは取り外せるの?」とか。でも、おそらくディスプレイの横の長さと縦の長さの縦横比について考える人はあまりいないでしょう。選択肢は16:9と3:2の2つ。どちらを選ぶかによって、実は思ったよりも大きな違いが生まれるのですよ。

【全画像をみる】ノートPCの画面は「16:9」と「3:2」どっちがいい?

この2つのうち、現時点で多くの人が選んでいるのは横縦比16:9(または、これに近い比率)のディスプレイ。たとえば、AppleのMacBookは16:10で、iMacは16:9。Dellのラップトップはすべて横縦比16:9です。そのほか、HPやAcerなどなどなども。

3:2ディスプレイを堂々と搭載している機種もあります。Google Pixelbookのディスプレイは3:2(2400×1600ピクセル)。Surface Pro 6(2736×1824ピクセル)も。これらは縦長に見えますが、横幅の方が少し長めです。かたや16:9ディスプレイは横幅が縦のほぼ2倍あります。

ディスプレイが横長にシフトし始めたのは、21世紀になってから。2000年代の中ごろに、テレビ番組がワイド画面に対応しだしたのがきっかけです。テレビ番組や映画が横長のスクリーンに合わせて作られるなら、テレビやノートPC、デスクトップPCのモニターもそれに対応しなければ意味がありません。

ゲーマーにとっても横長ディスプレイはありがたいものでした。ひとつの画面に入るシーンが広がりましたから。また、ディスプレイの製造コストも安くなりました。15インチの16:9ディスプレイは、15インチの3:2ディスプレイと比べて、画面の面積が狭いため、それほどコストをかけずに作れるのです。

Microsoft、Googleなど一部のメーカー(あとHuaweiも)のおかげで、現在、3:2ディスプレイが、再びプチブレイクしていますが、そのせいで、 ラップトップを買うときの検討事項が1つ増えました。ディスプレイはワイド?ワイドでないほう?どっちがいいの?

1/2ページ

最終更新:8/13(火) 19:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事