ここから本文です

アップルの「HomePod」を使って分かったこと、その特徴は?

8/13(火) 9:20配信

ITmedia PC USER

設置するだけで常に最良音質を実現

 低音を意識した選曲ばかりしているうちに、実はHomePodは低音寄りに調整されたスピーカーなんじゃないかと疑問が浮かび、高音よりの曲や生音っぽい曲も再生してみたが、そんなことはなかった。

 さらにApple Musicにいくつかある川のせせらぎや鳥の歌声、海の音を採録した音源も聴いてみたが、こちらもきわめてナチュラルに聞こえた。

 ナチュラルといえば、2台のHomePodを連携させてステレオで使ったときの音も非常にナチュラルだった。

 HomePodは、単体でも十分に音楽を楽しめる製品だ。部屋の壁近くに置いて電源を入れ、iPhoneを近づければiPhoneに設定用画面が現れ、Wi-Fi接続設定などほぼ全ての作業が全自動で完了する。

 最初の曲を再生開始して40秒ほどの間に、360度全方向に配置された6つのマイクを駆使して、部屋の中での音の響き方などを計算し、音が一番自然に広がるように音質を調整してくれる。スピーカー1個でも、再生している音は部屋全体に自然に広がっていく感じで十分に楽しめる。

 しかし、HomePodを2台購入してこれを連携させると、今度はその音に部屋全体が包まれるような広がりを感じるようになる。

 スピーカー2台というと、どうしても左右のセパレーション(音の分離)がどうとかこうといった難しい話が出てくるのが、それは昔のオーディオ機器の世界。そうしたステレオスピーカーにはスイートスポットというものがあり、そこにいると確かに一番いい音の重心に引き込まれるようなスポっとハマるような感覚があった。

 しかし、2台のHomePodが作り出す音は、それとは少し違って(部屋の大きさなどによって変わるだろうが)、少なくとも8畳~10畳くらいの左右の壁が近い部屋だと、もう少し周りから包み込んでくる感じになり、スイートスポットがなく、どこにいてもいい感じに聞こえる。

 左右の分離はそれほどしっかりしていないため、左のヘッドフォンと右のヘッドフォンの間を、音が激しく動き回るような曲は、両HomePodの間を音が行ったり来たりしているようなイメージになる。

 先ほど、HomePodに近づきすぎると重低音が胸に響かないという話を書いたが、HomePodを2台設置すると、片方に近づいている間は、もう片方のHomePodを通してその重低音が響いてくるので、本当に部屋中どこでもいい感じで音が聞こえる、と言っていいのではないだろうか。

4/5ページ

最終更新:8/13(火) 18:59
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事