ここから本文です

<中谷美紀>SPドラマ主演 吉岡里帆&永作博美&宮本信子との掛け合いに「心がうずきました」

8/14(水) 6:00配信

まんたんウェブ

 女優の中谷美紀さんが、9月30日に放送されるドラマスペシャル「あの家に暮らす四人の女」(テレビ東京系)に主演することが8月14日、明らかになった。吉岡里帆さん、永作博美さん、宮本信子さんが出演することも発表された。原作は直木賞作家の三浦しをんさんの同名小説(中央公論新社)で、今回が初の映像化。古い洋館で暮らす全くタイプの違う4人の女性が、次々と起こる事件を団結して乗り切る姿を描くホームドラマ。

【写真特集】なんて麗しいんだ! 中谷美紀のスリムな黒ドレス姿

 中谷さんは、ドラマについて「少々浮き世離れした物語だと受け止められるかもしれませんが、実のところ『父なき時代』が三浦しをんさんの巧みな筆致により繊細に、リアルに描かれている」と話し、吉岡さん、永作さん、宮本さんとの共演について「4人の女性の掛け合いを想像して、『ぜひ演じてみたい』と心がうずきました」と語っている。

 中谷さんは父の行方を知らない刺繍(ししゅう)作家で恋人なしの牧田佐知、吉岡さんは保険会社に勤務し、ダメ男に甘い上野多恵美、永作さんは佐知の友人で、多恵美の会社の毒舌の先輩・谷山雪乃、宮本さんは佐知の母でお嬢様気質、気ままな性格の牧田鶴代を演じる。

 原作の小説は、谷崎潤一郎没後50年の「谷崎潤一郎メモリアル特別小説作品」として発売され、“現代版「細雪」”とうたわれている。脚本は、連続ドラマ「Dr.コトー診療所」(フジテレビ系)シリーズ、「ミストレス~女たちの秘密~」(NHK総合)などの吉田紀子さん、監督は連続ドラマ「僕とシッポと神楽坂」(テレビ朝日系)、映画「神様のカルテ」シリーズなどの深川栄洋監督がメガホンをとる。9月30日午後9時に放送。

 ◇中谷美紀さんのコメント

 ――このドラマの話を聞いた時の感想は?

 谷崎潤一郎の「細雪」へのオマージュでもあり、向田邦子さんの世界のようでもあるこの作品は、少々浮き世離れした物語だと受け止められるかもしれませんが、実のところ「父なき時代」が三浦しをんさんの巧みな筆致により繊細に、リアルに描かれており、4人の女性の掛け合いを想像して、「ぜひ演じてみたい」と心がうずきました。

1/3ページ

最終更新:8/14(水) 6:00
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事