ここから本文です

Samsung、スマホ向け初の1億800万画素カメラセンサー

8/13(火) 12:41配信

Impress Watch

 韓国Samsung Electronicsは12日(現地時間)、業界初となる1億800万画素のスマートフォン向けカメラセンサー「ISOCELL Bright HMX」を発表した。

 これは、画素サイズが0.8μmのセンサー「ISOCELL Bright」シリーズのラインナップを拡張するもので、モバイル向けとしてははじめて1億画素を超えた。1/2インチ「GM1」の4,800万画素、1/1.7インチ「GW1」の6,400万画素に続き、1/1.33インチへと大型化を果たしたことで1億画素を突破した。

 従来と同様、4ピクセルを1つとして扱うことで受光面積/感度を上げ、暗所での撮影に特化させる「Tetracell」技術に対応し、この場合2,700万画素の画像を出力できる。また、通常の撮影から画角を変えずに、6K/30fps(6,016×3,384ドット)の動画撮影も可能となった。

 HMXは8月末より量産開始を見込む。開発にはXiaomiが積極的に関わっており、これを搭載した初のスマートフォンはXiaomiから登場する予定。

PC Watch,劉 尭

最終更新:8/13(火) 12:41
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事