ここから本文です

「寂しくてなりません」 藤原紀香、愛猫マーシャの旅立ちを報告 18歳の誕生日が命日に

8/13(火) 14:03配信

ねとらぼ

 女優の藤原紀香さんが8月13日、愛猫のマーシャが息を引き取ったことをブログで報告。18年間ともに過ごした家族の旅立ちに、「どんな命も終わりがくる、わかっているんだけどね、寂しくてなりません」と悲しみをつづっています。

【画像】マーシャをなでる紀香さん

 同日0時51分、18歳の誕生日を迎えて間もなく息を引き取ったというマーシャ。藤原さんは、「18年前の今日、貴方はこの世に生まれました。キリリとした瞳で、ジーとこっち見ていて...目が離せなくて。それが初対面」とマーシャとの出会いから始まり、「嫌いな人には心許さず懐かず(笑)誇り高いツンデレがトレードマーク」「これまで猫が苦手だった人もみな、貴方のことが大好きになった...そんな不思議な魅力の子でした」など、胸に刻まれた思い出をたくさんの写真とともに振り返りました。

 葬儀の準備にも取り掛かっているようで、「虹の橋を渡るときに寂しくないよう、ハートの便箋にいれた手紙を入れておいたので読んでね」と棺(ひつぎ)には手紙やお守りも入れたという藤原さん。「私は、寂しいです。猫の18歳は大往生と言われるけど、こんな美しくて綺麗な顔をしていたのも ついこないだ」「まだまだ生きてくれる...勝手な思いだけど、そう願っていました」など正直な胸の内を明かしており、「マーシャ、たくさんの愛をありがとう。貴方に癒されて、人生どんなに助けられたことか。感謝してもしきれないよ」と愛する家族にあふれる感謝を伝えています。

 現在は、主演舞台「サザエさん」の稽古(けいこ)真っ最中である藤原さん。追伸では、「泣きすぎて目が腫れてる どんなに悲しくとも、稽古は続く。今日もいつも明るいサザエさん、頑張らなきゃね」と悲しみを乗り越えようとする前向きな言葉を残しています。

ねとらぼ

最終更新:8/13(火) 15:25
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事