ここから本文です

コンサル社長を追起訴=企業保育所めぐる助成金詐欺-東京地検

8/13(火) 16:23配信

時事通信

 企業主導型保育所をめぐる助成金詐欺事件で、東京地検特捜部は13日、計5施設分の助成金約4億8000万円をだまし取ったとして、詐欺罪などで、コンサル会社「WINカンパニー」社長川崎大資容疑者(51)を追起訴した。

 融資金詐欺と合わせ、立件額は約5億9000万円になった。

 特捜部は先月、名古屋市と福岡市の計2施設分約2億円をだまし取った疑いで、川崎容疑者ら2人を逮捕。同容疑者は30件以上の助成申請に関与しており、特捜部が他の施設についても捜査を進めていた。

 他に起訴されたのは、同社元社員佐藤佑紀容疑者(29)。特捜部は2人の認否を明らかにしていない。 

最終更新:8/13(火) 16:33
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事