ここから本文です

野口健さん、N国党首のマツコ突撃を疑問視「自民党総裁が一々、そんな事をやりますかね」

8/13(火) 11:48配信

スポーツ報知

 登山家の野口健さん(45)が13日、自身のツイッターを更新。タレントのマツコ・デラックス(46)に“直談判”するため、12日に東京・千代田区のTOKYO MXを訪れた「NHKから国民を守る党(N国)」の党首・立花孝志参院議員(51)に「それが国会議員の行いか?」と疑問を呈した。

【写真】あの人がN国・立花党首のマツコ突撃に「一番嫌いな建設なき破壊行為です。失望しました」

 事の発端は、7月29日に放送された同番組内でのマツコのコメント。N国についてマツコは「今のままだと、ただ気持ち悪い人たち」と一刀両断した後、同党に投票した有権者についても、「ふざけて入れている人も相当数いるんだろうな」と話した。立花氏はこれに激怒し、生放送が行われているスタジオをバックに、「有権者をバカにした発言は許せない」などとマツコに対する反撃の声を上げた。

 野口さんは立花氏の行動を報じたネット記事をツイッターに貼り付けた上で「テレビ局前で出待ち…それが国会議員の行いか?批判的な意見を言われた政治家がみな同じ行動を起こせば連日のように政治家たちがテレビ局に押し寄せる事になる。特に『党首』という肩書きがある人が…。自民党総裁が一々、そんな事をやりますかね」とツイート。

 さらに「民間人の発言に腹を立てわざやざテレビ局までやってきて大騒ぎをするのは国会議員として前代未聞ではないか?捉え方によっては政治家が民間人の発言に対し政治的圧力をかける事になる。その発言をした民間人の実名をあげながら『ぶっ壊す!』と訴えるなど極めて異常」と指摘した。

最終更新:8/13(火) 12:02
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事