ここから本文です

立花N国党首、マツコをぶっ壊す!生放送中のスタジオ前で大演説 

8/13(火) 5:30配信

スポニチアネックス

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(51)が12日、東京都千代田区のTOKYO MXのスタジオ前を訪れ、同局の番組でN国を批判したタレントのマツコ・デラックス(46)に猛反撃した。マツコが生放送の情報番組「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に出演するすぐ外で「投票した有権者をばかにするな!」と大声を張り上げた。

【写真】握手する丸山穂高衆院議員(右)とNHKから国民を守る党代表の立花孝志参院議員

 マツコは7月29日放送の同番組で、N国について「気持ち悪い人たち」「ふざけて入れた人も相当いると思う」「宗教的」と否定的な見方を示した。これに立花氏が激怒。反論の機会を求めて同番組への出演を要望し、この日の“出待ち”をユーチューブの動画で予告していた。

 100人超の支援者や警戒する警察官らで騒然とする中、立花氏は生放送中の午後5時すぎに到着。ガラス張りで室内が見えるスタジオ正面で演説を始め「公共の電波で“ふざけてる”とか“気持ち悪い”は許されない」などと約1時間、一方的にまくし立てた。マツコに「権力の犬だ。ワンワンと鳴いてみろ」と窓越しに毒づいたり、「マツコ・デラックスをぶっ壊す」と声を上げる場面もあった。

 放送中に窓からN国の旗の一部が映る場面もあったものの、1時間の番組は滞りなく終了した。立花氏はマツコが出てくるのを待ち構えたが、15分ほどたつと、支援者や報道陣に「私に情報をくれている番組スタッフから連絡が入った。マツコがパニックになり、番組を降りると言っている。弱っている人をいじめたくはない」と説明。「来週も出るようならまた来る」と言い“直接対決”しないまま引き揚げた。

 マツコは同番組が始まった2005年から出演し、現在月曜コメンテーターを務める。去就について同局は「担当者が不在で答えられない」とした。反撃の気配を見せないマツコだが、立花氏は「(マツコの)所属事務所が弁護士を呼び、訴訟を検討中と聞いた」としている。

 《“N党の支持者”高須院長つぶやく「失望」》高須クリニック院長の高須克弥氏はツイッターで「失望しました」と立花氏の言動を批判した。「僕には立花さんがNHKくらい暴力的に見えます。N国の政党助成金も我々の税金です。払いたくない人の金もまざってます。同じ穴の狢(むじな)」と苦言。さらに「投票はしませんでしたが心情はN党の支持者でもありました。マツコさんを罵(ののし)っている立花さんの動画を見てからマツコさんの考えに傾きつつあります」と残念がった。

最終更新:8/13(火) 6:27
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事