ここから本文です

AKB48チーム8、12県の新メンバー募集=合同オーディション、9月に最終審査

8/13(火) 22:03配信

時事通信

 AKB48チーム8のうち、代表不在などとなっている12県の新メンバーを選ぶ合同オーディション参加者の募集が、13日から始まった。

〔写真特集〕AKB48チーム8「エイトの日」2019

 同チームは各都道府県ごとに1人ずつ選ばれた代表で構成されるが、秋田、福島、新潟、静岡、三重、福井、兵庫、鳥取、岡山、宮崎の各県は代表が卒業して欠員状態。岩手、長崎両県の現代表は卒業を発表した。

 今回、これら12県の新代表を選ぶ合同オーディションが開催されることに。応募資格は各県在住または出身で、プロダクションに所属していない12歳から22歳までの女性。応募は9月13日で締め切られ、同22日に東京都内で最終審査が行われる予定だという。詳細はチーム8の公式サイト(https://toyota-team8.jp/)で。

 運営会社によると、8日に開催された同チームの全国ツアー大阪公演で、小栗有以(東京都代表)は「47人に戻って、新たにパワーアップしたチーム8をお届けできるように頑張ります」とあいさつした。

最終更新:8/13(火) 23:11
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事