ここから本文です

広島サヨナラ勝ちで自力V消滅危機を回避!11回磯村が値千金の左犠飛

8/13(火) 22:05配信

デイリースポーツ

 「広島2-1巨人」(13日、マツダスタジアム)

 広島が今季9度目のサヨナラ勝ちで、連敗を3でストップ。首位巨人とのゲーム差を3・5に縮め、自力V消滅の危機を回避した。

【写真】歓喜の水シャワー浴びまくり

 十一回、先頭の鈴木が左翼フェンス直撃の二塁打。犠打、2敬遠で1死満塁となり、代打・磯村が値千金の左犠飛を放った。

 二回は先頭鈴木が中前打で出塁。続く5番松山がメルセデスの直球を捉え、先制の中越え二塁打を放った。

 先発ジョンソンは7回2安打無失点の好投。9勝目の権利を手に降板したが、八回に登板した菊池保がピンチを招き、二ゴロ併殺の間に追いつかれた。ロースコアの展開となったが、投手陣が粘り、十一回のドラマを呼び込んだ。

最終更新:8/13(火) 22:34
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事