ここから本文です

DeNA 約2カ月ぶりの3連敗 上茶谷4回に6失点…次回の登板、ラミレス監督「ちょっと考える」

8/13(火) 21:57配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ DeNA7―8ヤクルト(2019年8月13日 神宮)

 DeNAは接戦を落とし、6月5~7日以来、約2カ月ぶりの3連敗を喫した。

 先発の上茶谷が5―1の4回に一挙6失点。ラミレス監督は「カットボールが制球できずに苦しんで、直球が真ん中にいっていた」と険しい表情。前回登板でも5回途中6失点と崩れた新人右腕の次回登板について「ちょっと考える。6連勝した後、2回連続でこういう形なので」と話した。

 打線は9安打で7得点と追いすがったが、7回に3番手のエスコバーがバレンティンに決勝打を浴びた。指揮官は「よく打ってくれているが、残念ながら今日は1点足りなかった」と気持ちを切り替えた。

 ▼上茶谷の話 野手の皆さんが点をとって援護してくれたにもかかわらず、リードを守ることができずに申し訳ないです。調子自体は悪くありませんでしたが、勝負所で甘く入ってしまいました

最終更新:8/14(水) 8:37
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/21(水) 20:15

あなたにおすすめの記事