ここから本文です

【北九州記念】トップハンデ背負うアレスバローズが連覇を狙う

8/13(火) 12:01配信

サンケイスポーツ

 夏の小倉開催も折り返しの4週目に入り、日曜メインにサマースプリントシリーズ第4戦(全6戦)となるGIII北九州記念(18日、芝1200メートル)が行われる。2008年優勝馬スリープレスナイトを最後に、1番人気は10連敗中で、芝1200メートルのハンデ戦となった06年以降、100万円超の3連単配当が3回も出ているように難解なレース。今年もフルゲート18頭を超える22頭が登録しており、大激戦が予想される。

 トップハンデ57・5キロを背負うのは、前年覇者アレスバローズ(栗東・角田晃一厩舎、牡7歳)。昨年は56キロを背負い、中団から鋭く脚を伸ばして差し切った。それを最後に5戦は勝ち星から遠ざかっているが、休み明けだった前走のCBC賞では休み明けで57・5キロを背負いながら、不良馬場をものともせずにクビ差2着と好走。前走と同じハンデで叩かれての上積みも見込めるだけに、連覇の可能性は十分にある。

最終更新:8/13(火) 12:01
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事