ここから本文です

ポロに初挑戦!祐一ら馬事文化アピール 北海道・ノーザンホースパーク

8/13(火) 11:20配信

サンケイスポーツ

 北海道苫小牧市のノーザンホースパークで12日、開園30周年を記念したイベント「ノーザンホースフェス with JRAジョッキーズ」が行われた。日本騎手クラブ副会長の福永祐一騎手(42)をはじめ、クリストフ・ルメール騎手(40)、戸崎圭太騎手(39)、藤岡佑介騎手(33)、石川裕紀人騎手(23)、荻野極騎手(21)が参加。競馬とは違う、馬事文化の魅力をアピールした。

 馬に乗って得点を競うポロのデモンストレーションでは、福永騎手と藤岡佑騎手が初挑戦。うまく球を打つことができなかった福永騎手は「貴重な経験をさせてもらい楽しかったけど、手首をもっと鍛えることが重要かな。改めて自分は騎手でよかったと思う」と苦笑いを浮かべていた。

 ルメール騎手は障害飛越競技に挑戦。アトランタ、シドニー五輪に出場した白井岳氏(白井牧場代表取締役)との障害物競走で勝利し、会場を盛り上げた。

 イベントでは引退した競走馬を支援するためのチャリティーオークションも行われ、福永騎手が提供したお宝グッズが14万円で落札されるなど、総額158万5000円が集まった。

最終更新:8/13(火) 11:20
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事