ここから本文です

ヤクルトの19歳村上が史上最年少逆転サヨナラ本塁打で一歩リード? どうなる!セ、パの新人王争い

8/13(火) 5:17配信

THE PAGE

 プロ野球の最優秀新人は、5年以上の経験のあるプロ野球記者の投票によって決められるが、元千葉ロッテの評論家の里崎智也氏に今後の展望、予想を聞いてみた。

 セではヤクルトの村上に“本命”を打った。
「村上が一歩抜け出しているんじゃないですか。30本打てば当確だと思います。やはり本塁打のインパクトは強いですよね。過去のプロ野球の歴史を見ても、新人で30本をクリアしたバッターは、そう多くありません。村上のいいところは、やはり振れるところでしょう。もちろん穴はあって、まだ僕が捕手ならバレンティンと村上とどちらで勝負するか、と聞かれれば、村上を選びますが、逆方向にも本塁打を打て、制球ミスをすればやられる怖さのあるバッターです。上茶谷、床田らが、2桁を勝っても村上でしょう。阪神の近本は、打率を3割に乗せ、盗塁のタイトルも、数字的に50個くらいにはしないと村上に対抗する票は集まらないのではないでしょうか」

 過去の新人王の最多本塁打は1959年の桑田武氏(大洋)と1986年の清原和博氏(西武)の31本。続いて1958年の長嶋茂雄氏(巨人)の29本、1969年の田淵幸一氏(阪神)、1981年の原辰徳氏(巨人)、1984年の藤田浩雅氏(阪急)の22本と続く。

 里崎氏が主張するように30本を超えれば村上が当確かもしれない。近本と比較される機会の多い赤星憲広氏は、2001年に打率.292、 1本、 23打点 、39盗塁で盗塁王のタイトルと新人王をダブル受賞しているが、このときの新人王のライバルは巨人の阿部慎之助くらいで打率.225、13本、44打点の成績しか残せず、2桁勝利投手もいなかった。新人王は相対的なものなので、近本にとって新人当たり年にプレーしたことは不運だったのかもしれない。

 一方のパはどうだろう。

 こちらは、ソフトバンク内での一騎打ちムードだ。2年目のアンダースロー、高橋礼(23、専大からドラフト2位)が、16試合、防御率、3.17、9勝3敗の成績で早くも2桁に王手。甲斐野も、48試合に投げて防御率、3.20、2勝4敗、18H、8Sの数字を残している。ロッテの5年目、岩下大輝(22、星稜からドラフト3位)が今季、17試合、防御率、3.65、5勝3敗で開花したが、数字的には物足りない。またオリックスの“最後のPL学園戦士”である中川圭太 (23、東洋大からドラフト7位)が、打率.299、1本、25打点で、得点圏打率.381と粘り強いバッティングで勝負強さを発揮しているが、まだ規定打席に届いていないので状況としては厳しいだろう。

 里崎氏は、パでは高橋を“本命視”している。
「先発では2桁がひとつの目安。僕も現役時代に渡辺俊介というアンダースローを受けてきましたが、高橋礼は、アンダースローでは、メジャー挑戦した牧田、俊介に並ぶ力のある投手でしょう。パは、もう甲斐野とのマッチレースになると思いますが、日本のプロ野球では、中継ぎ投手への評価が難しいという現実があります。ホールドで言えば、トップの日ハムの宮西が35ですから、甲斐野の18はセーブの8を加えても少し物足りなさがあります。現在、どの球団も、中継ぎの評価を見直しているようですが、契約更改を見ても、2桁を勝つ先発投手の方が年俸も上がっています。いずれにしろ新人王は、投票者の主観によるので、非常に熾烈な争いになると思います。この2人の争いからは目が離せませんね」

 甲斐野は、150キロを超える速球に、落差や角度の違う数種類のフォークを操って開幕から13試合連続無失点の新人記録をマーク。サファテ、森の離脱に伴い、ストッパーの重責を任された時期もあった。そこでは疲労の蓄積もあって失敗もしたが、復調。現在、セットアッパーとしてチームに欠かせないピースで、この日の試合後も好調理由を聞かれ、「ピッチングコーチの方からのアドバイスをもらってそれを実践できていると思います」と語っていた。工藤監督にすればチーム内の新人王争いは嬉しい悲鳴だろう。

 新人王は一人しか選出されないが、こういう高いレベルの争いが行われた場合、新人特別賞が贈られる。1987年のパでは、阿波野秀幸氏(近鉄)が、15勝12敗、防御率、2.88、 西崎幸広氏(日ハム)が15勝7敗、防御率、2.89の甲乙つけがたい数字を残して、僅差で阿波野氏が新人王を獲得したが、西崎氏の健闘を称えるため設定されたのが新人特別賞のスタート。近年では、2017年のセで、中日の京田陽太が選出されたが、2桁勝利を挙げて争った横浜DeNAの濱口遥大に新人特別賞が贈られている。
 里崎氏の展望予想では、セは村上、パは高橋が“本命”だが、残り30数試合で劇的なドラマが起きる可能性も十分に残されている。

2/2ページ

最終更新:8/13(火) 8:57
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい