ここから本文です

【W杯前哨戦】日本代表PNC3連勝で世界9位浮上!ザ・ラグビーチャンピオンシップは南アが初優勝!

8/13(火) 15:08配信

J SPORTS

8月12日に発表されたワールドラグビーの世界ランキングで日本代表が史上最高位タイの9位に浮上した。エディー・ジョーンズヘッドコーチが率いた2016年2月以来のことだ。7月27日から始まったパシフィックネーションズカップ(PNC)では、フィジー、トンガ、アメリカに3連勝。奇しくも、2015年のラグビーワールドカップ(RWC)前のPNCで敗れた3チームに勝っての優勝である。

日本代表が強くなったことは誰もが認めるところだろう。初戦のフィジーに対しては、立ち上がりから主導権を握ってボールを動かし、ディフェンスを揺さぶってスペースを作り、WTB福岡堅樹、松島幸太朗らが胸のすくトライを決めて見せた。抜群の攻撃力を誇るフィジーの特長を出させなかった点は高く評価できる。ラインアウトからのモールでトライされたが、この点は、8月3日のトンガ戦では修正。序盤のピンチを防いだ。

トンガ戦ではNO8アマナキ・レレイ・マフィ、PRヴァル アサエリ愛がパワフルにトライし、愛とFL徳永祥尭がダブルタックルで相手を押し戻すなど、コンタクト局面でのレベルアップも感じさせた。ただし、トンガ戦ではボールを持った選手が簡単に倒されてボールを奪われるシーンもあり、トンガの激しいプレッシャーの前にブレイクダウン(ボール争奪局面)には課題があった。

それを修正したのが8月10日のアメリカ戦だ。ボールキャリアーに対しての分厚いサポートでトライを奪っている。1試合ごとに課題は修正されたが、アメリカ戦では攻撃時のハンドリングエラーが目立った。3試合を通して、ミス、反則で相手にボールを渡すことが多く、ここが改善されない限り、RWCでアイルランド、スコットランドという強豪に勝利して決勝トーナメントに進むことはできない。

前向きに考えれば、勝って自信をつけながら多くの課題が見つかった。「変な自信をつけないほうがいい」というリーチ マイケルキャプテンの冷静なコメントもいい。RWC日本大会を前に収穫の多いPNC優勝だった。ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは「3試合で毎試合、数名の選手を代えて起用してきた。決勝戦にもかかわらずメンバーを代えたのはこの先を見据えてのもので、PNCの3試合をじっくり検証して、スコッドの構想に入りたい」と語った。最終登録メンバーの発表が楽しみだ。

1/2ページ

最終更新:8/13(火) 15:08
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事