ここから本文です

【動画解説】超大型の台風 雨量1000ミリ超か  記録的大雨 災害発生のおそれ高まる

8/13(火) 14:50配信

ウェザーマップ

 台風10号の予想が、かなり危険なものになってきました。
今回のポイントは「超大型」の台風のため「影響範囲が大きくなる」こと、動きがノロノロと遅いため「影響時間が長引く」こと。これにより、総雨量が1000ミリを超えるような、いつどこで災害が起こってもおかしくないような大雨になるおそれがあります。


 予想される雨の量は、あす・14日(水)の昼までで、東海で300ミリ、近畿や四国で200ミリです。さらに15日(木)昼までで四国では800~1000ミリの記録的な大雨が予想されています。これだけの雨が降れば、大規模な土砂崩れがいつどこで起こってもおかしくない、極めて危険な状況です。

 特に大雨になりそうな九州、四国、紀伊半島に注目して、雨と風の予想を見ていきます。グルグルと渦を巻く台風の風と雨雲が近づいて、15日に日付が変わる頃から活発な雨雲が九州や四国に広がります。これが15日の午前6時です。15日の夕方にかけて、同じような所に活発な雨雲がかかり続けることがわかります。半日にわたって、猛烈な雨が降り続き、記録的な大雨になるおそれがあります。

 暴風雨になる時間帯をみていきますと、西日本を中心にあす・14日から16日(金)にかけて暴風雨となりますが、一番警戒が必要、ピークとなるのは15日です。15日は命に危険が及ぶような災害が起こる恐れがあります。外での活動は極めて危険です。自分の命、大切な方の命を守るため、身の安全を確保することを第一に行動してください。
(気象予報士・千種ゆり子)

最終更新:8/13(火) 14:50
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事