ここから本文です

ポケモンGO:No.407 ロズレイド入手方法・色違いと弱点・対策 (大人のポケモン再入門ガイド)

8/13(火) 15:24配信

Engadget 日本版

最先端のモバイルARと、世代を超えて人気のポケットモンスターが融合したポケモンGO。久々にポケモンを遊ぶ元トレーナーや、これが初めてのポケモンゲームというかたに向けて、要点だけをまとめた大人向け「ポケモン図鑑」です。

大人のポケモンずかん

今回はシンオウのいしで進化する「どく・くさ」タイプのポケモン「ロズレイド」。

No.407 ロズレイド

全国図鑑番号: No. 407 (シンオウ地方・第四世代)
初出:『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』(ニンテンドーDS 2006年)
分類:ブーケポケモン
英語名:Roserade

図鑑の解説

「ダンサーのような身のこなしで毒のトゲがびっしりと並んだムチを操り攻撃する。」

ゲーム内データ

進化:スボミー(スボミーのアメ25個)ロゼリア(スボミーのアメ100個とシンオウのいし)ロズレイド
色違い:あり
タイプ:くさ / どく
天候ブースト:晴天・曇り
弱点:ほのお・ひこう・こおり・エスパー(×1.6)
耐性:くさ(×0.391)、かくとう・みず・でんき・フェアリー(×0.625)
種族値:HP 155・攻撃243・防御185

ロズレイドの入手方法(2019年7月時点):

・スボミー、ロゼリアからの進化。
・スボミーが7kmタマゴから孵化。

ロズレイド対策ポケモン:

番号 名前(おすすめ技の例)
146 ファイヤー(ほのおのうず /ゴットバード)
006 リザードン(ほのおのうず / オーバーヒート)
244 エンテイ(ほのおのうず / オーバーヒート)
136 ブースター(ほのおのうず / オーバーヒート)
150 ミュウツー(ねんりき / サイコキネシス)

ロズレイドの弱点であるほのお・ひこうタイプの攻撃ができ、くさタイプの技に二重耐性のあるファイヤーや、リザードンがバトルを有利に進められます。エンテイや、ブースターもほのおタイプの攻撃と、くさタイプに耐性があるのでおすすめです。ほのおタイプがいない場合は、ミュウツーなどの弱点がつける強ポケモンで戦いましょう。

ロズレイドのバトル評価:優

ロズレイドは攻撃種族値が高いため、くさ・どくタイプどちらでもバトルで活躍するポケモンです。くさタイプの技が優秀ですが、どくタイプで技を統一すると、くさタイプ対策ポケモン(くさタイプの攻撃に二重耐性)や、フェアリータイプ対策ポケモンになります。進化に必要なアメが多いのと、シンオウのいしが必要なため、くさ・どくタイプどちらも育てるのは難度が高め。どちらのタイプで育てるか吟味するしましょう。

また、耐久力は低いのでジム防衛には向きません。

1/2ページ

最終更新:8/13(火) 15:24
Engadget 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事