ここから本文です

ロングドライブを楽しくする! 必須快適良品

8/13(火) 8:00配信

TOKYO HEADLINE WEB

 残り少ない夏から秋の行楽シーズンに車でロングドライブを考えている人も多いはず。長距離移動はもちろん、渋滞にはまった時にどれだけ車内で快適に過ごせるかが旅の成功を大きく左右する。ということでドライブ旅に必須の快適グッズを探してみました。

みんなでも1人でも旅のお供に歌は必需品 アプリとマイクで車内がカラオケボックスに!

 車内で音楽を聴いている人は多いだろう。ラジオはもちろん、カーステレオ、今ではスマホで聴くのが主流かも。
 スマホの中にある音楽を車内のスピーカーから聴くには車載用のFMトランスミッターを使用する方法がある。車内にあるFMラジオにスマホをつなぎ、トランスミッターが指定する周波数に合わせればスマホの音楽をラジオのように聴くことが可能だ。

 またカーオーディオやナビにライン入力端子があればラインで、またBluetooth接続機能が搭載されていればBluetoothで接続して音楽を聴くこともできる。

 他にもいろいろな方法はあるのだが、一番簡単なのがこれらの方法。FMトランスミッターも接続コードも2000円前後で買えるのでお手軽だ。

 音楽を聴くのはもちろんだが、一人で車を運転している時に思わず歌を口ずさんでいる人は多いのでは?

 歌うとなると必要なのが「カラオケアプリ」、そしてマイク。マイクはBluetoothでスマホやタブレットに接続して使うのだが、だいた3000円前後でそこそこのマイクは購入可能だ。

 みんなで歌えばドライバーの眠気防止になるし、なにより楽しい。

ドライバーが喫煙者。車内でぷかぷかは嫌だけど吸えなくて イライラはもっと困る。そんな時は加熱式タバコで解決

 同乗者全員がタバコの愛好家であれば問題はないのだが、そんなケースは多分まれ。非喫煙者にとって車内でタバコを吸われるのはちょっときつい。とはいえロングドライブ中に喫煙者が少しもタバコを吸えないというのもちょっとかわいそう。それがドライバーという場合はなおさらだ。喫煙所があるサービスエリアに早く着きたいがためについつい無謀な運転になってしまう可能性もある。

 でも基本的に密閉空間である車内で最も気を付けたいのは快適な環境であるということ。そのなかでも“におい”や空気のきれいさというのは大きなポイントだ。

 この相反する感情をクリアするのが燃焼による煙が出ず、においがほとんどしない加熱式タバコということになる。

 一般的に加熱式タバコはにおいがしないといわれているが、細かくいうと高温タイプは独特のにおいがしてしまうので密閉空間だとやはり気になる人はいるかもしれない。その点「プルーム・テック・プラス」は同じ部屋で使用していてもほとんど気づかないレベルの“無臭”を実現しているので、こちらなら大丈夫!?

1/2ページ

最終更新:8/13(火) 8:00
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事