ここから本文です

14台の車に衝突し、7人けがをさせた疑い 自称建設業の男を現行犯逮捕 岡山市

8/13(火) 16:44配信

KSB瀬戸内海放送

  13日午前、岡山市の県道で乗用車が暴走し、14台の車に衝突しました。警察は過失運転致傷などの疑いで43歳の男を現行犯逮捕しました。

 13日午前9時半すぎ岡山市北区学南町の県道で、「乗用車が暴走している」と110番通報が複数ありました。

 警察によりますと西に進んでいた乗用車が渋滞で止まっていた車など、14台に次々とぶつかりながら約360メートル暴走し、トラックに衝突して停止しました。

 この事故で、40代の女性など7人がけがをしています。いずれも軽傷の模様です。

(目撃者はー)
「ベンツの中から人が降りてきて、トラックをドーンと何回もたたいたりしてて、(容疑者は)ちょっとろれつが回らない感じというか、ちょっと興奮されてました」

 警察は、乗用車を運転していた岡山市北区三野の自称建設業、人見洋右(43)容疑者を過失運転致傷などの疑いで現行犯逮捕しました。

 警察の調べに対し人見容疑者は、「事故を起こして逃げたことに間違いありません」と容疑を認めています。

最終更新:8/13(火) 19:43
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事