ここから本文です

恋愛、仕事、人間関係…スピリチュアリストが伝授する“人生に悩まないための極意”とは?

8/13(火) 20:40配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。8月13日(火)の生放送は、多くのタレントが信頼を寄せる代官山のサロン「石の雫」のオーナー・しずくさんが、リスナーからのお悩みに答えました。

【写真を見る】パーソナリティの高橋みなみ(右から2番目)

元AKB48の小嶋陽菜さんや、元フジテレビアナウンサーの中村江里子さんなど、著名人とも交流のあるしずくさん。直感力を駆使して、名前と生年月日をもとに相談者のお悩みにアドバイスを送ります。

◆弱音は悪いことではない

<8月11日生まれのリスナーからの相談>
「人から助言を受けることを、幼少期から恐怖に感じます。脅迫されている気がする。感覚がおかしいのでしょうか?」

この悩みにしずくさんは、「人より直感力が強い。わずかな注意を極度に捉えて思い込みやすいから」とアドバイス。

解決策は、「ハートを強くすること」。聞き流す、寝て忘れるなどの習慣を身につける努力が大事なのだとか。「生きることは傷つくこと。愚痴っても大丈夫です。ときどき弱音を吐いて生きるのは悪いことではない」と伝えました。

◆まずは自分をハッピーにすること

<1月6日生まれのリスナーからの相談>
「高校卒業後、長く自営業を営み民間企業に入ったときは46歳。3つの企業を渡り歩き今は48歳。自宅で療養中です」

その男性の悩みは、出会いがないということ。しずくさんは「真面目な心が表れている。来年結婚運がいいので『結婚したい気持ち』を持つこと。まずは病気を治し、明るい気持ちで前を向くと結婚がどんどん近づいてくる」と助言を送りました。

恋愛、仕事、人間関係など、そもそも悩まないためにどのような心持ちでいるべきかというと、「まずは自分をハッピーにすること。ゆっくり休み、内観し、溜め込まずに愚痴は誰かに話すこと」としずくさん。愚痴を話す相手はペットでもいいそうで、「今の日本はもっと話をしてわかってもらうべき。逆に誰かが愚痴ったら聞いてあげる“愛”を持ってほしい」と微笑みました。

1/2ページ

最終更新:8/13(火) 20:40
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事