ここから本文です

高速道路上であおり運転の末に“強制停車” いきなりパンチの瞬間

8/13(火) 19:07配信

FNN.jpプライムオンライン

高速道路の中央車線で“強制”停車

茨城県の常磐自動車道を走行中、左側から割り込んできた白いドイツ製高級SUV。

運転していたAさんは車をいったんやり過ごしたものの、またもや同じ車がハザードランプを点滅させて左側から割り込み。

【画像】あおり運転の末の暴行の瞬間

車が車線の中央付近で停まったため、車線を変えようとするも、前の車はその進路を妨害。

両脇を次々と車が走り抜け、危険極まりない状況だ。

車からサングラスをかけた男が・・・

その後、Aさんの車をパーキングエリアの入り口付近に停まらせた白いSUV。

その車内からは携帯電話を手にした女性と、サングラスをかけた男が降りてきた。

Aさんによると、男は口を大きく開けて激高していたという。

いきなり握りこぶしでパンチ

そして言い争う間、恐怖を感じたというAさん。

Aさんによると、この男は「お前は俺の邪魔をした。ぶっ殺してやるから出てこい、今すぐとずっと言っていた」という。

男の怒りが収まる気配はなく、今度は運転席のAさんから携帯電話を奪おうとしたそうだ。

その拍子にAさんがブレーキから足を離し車が前進、男の車と衝突した。

すると・・・男はいきなり握りこぶしでAさんにパンチ。

Aさんのめがねが吹き飛ぶ。
さらにAさんを執拗に殴り続ける男。
パンチは計5発に達し、Aさんは唇を切るなどのケガをした。

その後、Aさんが運転席の窓を閉めたため、男は窓を叩き、捨て台詞を吐いて、車で走り去ったという。

一番重くて傷害罪 懲役15年以下

一連の映像を見た若狭勝弁護士は・・・
「窓越しに運転手の人に対して、一方的にかつ何度も乱暴をしているというので、一番重いのは傷害罪ですね。懲役15年以下ということになります」
とコメント。

煽られたきっかけについてAさんは「右側の車線(追い越し車線)を走っていたが、後ろからものすごいスピードで車が突っ込んできて、車線変更してよけようとしたが、隣のレーンにも車がいたので避けられない。それだけの理由で進路妨害したと相手は思って、煽ることをしてきた」と当時の状況を振り返った。

ネット上では報道で知った人たちからの投稿などにより、男の車両情報が出回る事態となり、常磐道のほか、愛知県や長野県など複数箇所での目撃情報が寄せられている。

Aさんはすでに被害届を出していて、茨城県警が捜査を始めている。

(「Live News it!」8月13日放送分より)

最終更新:8/13(火) 19:07
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事