ここから本文です

長野県で大きな「雨柱」出現 局地的に滝のような雨に注意

8/13(火) 17:20配信

ウェザーニュース

 今日13日(火)は、日中の昇温と異なる方向の風の衝突によって、山沿いを中心に雨雲が発生し局地的な強雨になっています。

 天気が急変しているエリアでは「雨柱」が出現。「雨柱」とは文字通り局地的な強雨を遠方から見たときに見られる柱上の雨の通称です。

 長野県塩尻市では、空に広がったグレー雲から降り注ぐように降っている雨柱が目撃されました。グレー雲の隙間からは日差しが届いており、極めて局地的な雨であることが見て分かります。

 雨柱が見えるということは、ごく近くに強い雨を降らせる活発な雨雲があることを示しています。
上空の風向きによってはその雨雲が流れ込んで、天気が急変する可能性があるということです。雨柱が見えたら天気急変のサインとして注意してください。

ウェザーニュース

最終更新:8/13(火) 17:20
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事