ここから本文です

幼稚園の方がえらい?いつ・どこで遭遇するかわからない「モンペ」エピソード!

8/13(火) 12:10配信

LIMO

モンスターペアレント(モンペ)とは、学校などに身勝手な要求をする親のことをいい、今や一般的に知られる言葉となっています。

しかし、ドラマや漫画で見たことはあっても、身近な存在として気にしたことがないというママは多いかもしれません。

モンペと呼ばれる親自身、自分でその行動の異常性に気が付いていない場合が多いので、周りもなかなか気が付かなかったりします。

気が付いたときには、あなたがモンペの標的になっていたなんてことも……。

ここでは、実際にあったモンペエピソードをご紹介します。

しつけも先生任せ?!保育園でのモンペエピソード

『娘のお迎えに行ったら、なにやら同じクラスのAちゃんママが真剣な顔で先生に訴えている姿が見えました。
聞くつもりは無かったんですが、たまたま聞こえてしまって……。
その内容が”トイレトレーニングは、いつ始めるのか?”という内容でした。
先生にトイトレの相談をしているのかと思ったら、どうも違う様子。
なんと、保育園でトイトレをやって欲しいと訴えているようでした。
正直、とても驚きました。
トイトレは親がやってあげるべきもので、保育園に頼むことじゃないのに。
後日談で、Aちゃんママは保育園がまったく協力的じゃないって、同じクラスの別のママに愚痴っていたそうです』

保育園は1歳前から預けられている子もいますので、実際にトイレトレーニングを先生方も協力してやってくれる場合も多いようですが、あくまで主導はその子の親がやるべきもの。

この例のように、親のしつけの範囲と思われることを保育園や幼稚園に押し付けてくるモンペは、実在します。

幼稚園がエライ!?子どもの世界にカースト制度を持ち込むモンペ

『幼稚園や保育園は住んでいる地域に関係なく選べるけど、小学校になると、公立の場合は近くに住めば全員一緒です。
小学校に入学して初めての授業参観があり、その時にモンペと思われるママさんに遭遇しました。
授業参観は、親が来てくれたことでキョロキョロしたり、ソワソワしたりする子も少なくありませんでした。
”まだまだ可愛いなぁ”なんて思っていたら、隣に立っているママが明らかに不機嫌そうでした。
授業参観が終わり、その後の保護者懇談会が始まるまでの間、親たちは廊下に出て待機していました。
そうしたら、聞こえてきたんです。

不機嫌な顔をしていたママが”これだから保育園だった子は!”って、知り合いのママに愚痴っているのが。
どうもそのママは、保育園だった子はお行事が悪いと決めつけているようでした。
その後の保護者懇談会では、自己紹介のみで自分から発言をすることはありませんでしたが、懇談会終了後担任の先生に詰め寄っていました。
実際に先生に何をお話したのかは分かりませんが、実に2時間近く話し込んでいたそうです』

幼稚園の方が格が上だとか、子どもの中にまでカースト制を持ち込んでくるのは、あきらかにモンスターペアレントと言えるでしょう。

このような保護者は、その子自身の性格や行動で評価するわけではなく、その子の親の勤め先や出身校(大卒かどうか)などで判断する傾向もあります。

同じクラスになった場合は、適切な距離を持ってお付き合いするのが無難と言えるでしょう。

1/2ページ

最終更新:8/13(火) 12:10
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事