ここから本文です

お金持ちに学ぶ、飛躍のマインド。「新富裕層」の実態とは

8/13(火) 21:10配信

LIMO

お金持ちと聞いたときにどんな人を思い浮かべますか? 資産家や経営者、投資で成功した人などをイメージする人も多いかもしれませんね。ここでは、お金持ちの定義や特徴、また台頭する「新富裕層」についてご紹介します。

お金持ちの定義は?

富裕層ビジネスの世界では、1億円以上の資産を持つ人をお金持ちと呼ぶのが一般的です。

2018年に㈱野村総合研究所が公表した「NRI親リッチアンケート調査」においても、純金融資産保有額が1億円以上5億円未満の世帯を富裕層、5億円以上の世帯を超富裕層と定義しています。

純金融資産保有額とは、世帯が保有する預貯金や有価証券、保険などの金融資産合計額から負債を差し引いた金額で、不動産は含みません。

本調査によると、日本には富裕層が118万3000世帯、超富裕層が8万4000世帯存在していることがわかります。

日本のお金持ちには高齢者が少なくない

総務省統計局が2019年に公表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)-平成30年(2018年)平均結果-(二人以上の世帯)」によると、2人以上世帯の51.2%を高齢者世帯が占めています。高齢者世帯が保有する貯蓄現在高の平均値は 2284万円と高額です。

本調査では、世帯主の年齢が60歳以上の世帯を高齢者世帯と定義しています。

貯蓄のない世帯を除いた高齢者世帯の貯蓄現在高を低いほうから順番に並べたときに、ちょうど真ん中に来る中央値は1515万円となっています。

とくに目を引くのが貯蓄現在高4000万円以上の世帯が高齢者世帯の16.6%を占める点でしょう。貯蓄現在高2500万円以上の高齢者世帯も32.3%存在しています。

高齢者の貯蓄が多い理由の一つに退職金があります。また、コツコツと長い時間をかけて資産を築いてきた人も少なくないでしょう。とはいえ、4000万円と1億円では桁が違います。

労働政策研究・研修機構が2018年に公表した「ユースフル労働統計2018 ―労働統計加工指標集―」によると、学校卒業後にフルタイムの正社員を60 歳まで続けた男性大卒者の生涯賃金は2億7000万円程度になります。この数字には退職金を含みません。

地道に貯蓄だけを続ける場合、収入の3分の1から半分程度を貯蓄に回さないと1億円は作れない計算です。
富裕層の仲間入りをするためには、何らかの飛躍が必要になるのかもしれません。

1/3ページ

最終更新:8/13(火) 23:25
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事